HOME

トップに戻る
ゲストブックをサインする
記事一覧

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

  Kenny

Author: Kenny
DOB: 8月6日
アイルランド生まれ、
イギリス育ちの純日本人。
2005年・夏
ロンドン大学を卒業

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

大きなロンドンに住む、小さな日本
ロンドンと言う、様々な文化が共存する街で、実家と言う、一つの小さな日本にて暮らす。これは、そう言った環境で育った自分の、どことなく風変わりな価値観や考えを紹介して行く、作品集です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカーを追う 番外編:ワールドカップ⑤
相変わらず、忙しい毎日が続いています。
関係ありませんが、最近なぜかエリック・クラプトンにはまっているケニー君です。
最強の時代遅れは今も健在です。 どうぞ、ご安心下さい。

さて、ついに終わってしまいましたね、ワールドカップ。
最後の方、観るのが精一杯で余り記事を書く時間がなかったので、
ここでまとめて書いて見たいと思います。

取り合えず・・

イタリア、優勝おめでとう。  つまんねーの


2006年サッカーワールドカップ。ちょっと振り返って見ましょう。
  • 記念すべきゴール第1号はPhilip Lahm選手(ドイツ)。
    素晴らしい開幕ゴールとなる、コスタリカ戦での先制点。

  • 第一ステージのハイライトは、何と言ってもチェコの予選敗退。 ああ、チェコよ・・(T.T)
    そしてまさかのガーナの快進撃。その他には、

    • 強豪チームの「美しくないサッカー」での辛勝。
      特にイングランドスウェーデンフランスオランダは微妙すぎ。

    • 全日本にとって、悪夢の6分間。そこで夢は終わったね。

    • どう考えてもウケ狙いとしか思えないトーゴ

      1. ワールドカップでの初試合で、間違った国歌が流れる。
        FIFAさんよ、そりゃ韓国の国歌だろ(汗)

      2. 第一試合直前に監督が選手と対立して、辞任。二日後に復帰。
        こんな時にプチ家出ですか(汗)

      3. 選手達も給料問題でストライキ。しかし、お金をもらって無事回避。
        お前らはワールドカップをなんだと思ってるんだ(汗)

      4. 正ゴールキーパーは無所属プレイヤー
        ただの暇人を連れて来ただけ?

    • アルゼンチンの、「究極のゴール」。23パス・アンド・IN。

    • 目立つ審判の微妙な判定と、レッドカードの多さ。
      特に、英国人のポール氏が出した3枚のイエローカード=レッドカードは、
      最高に摩訶不思議な大事件。ポール氏はその試合を終えて、強制送還。

  • 第2ステージでは、オランダ対ポルトガル戦でなんと、レッドカード4枚!
    一試合に4人の退場者は、ワールドカップでも史上最多。

    その他には、大会無失点のまま敗退したスイス。  ゴールキーパーさん、可哀相に・・
    そして、強豪スペインもここで消える・・

  • 第3ステージ、今大会ベストマッチ(独断)のフランスブラジル
    ジダン様に再び神が君臨。究極の芸術サッカーでブラジルを撃破!
    優勝候補のアルゼンチンもドイツに負け、残るは欧州4カ国のみ。

    ここにて、さらばいイングランド。  C・ロナルドをスケープゴートにするのはやめろ!

  • 準決勝。210分のサッカーで、ゴールがわずか3つ。
    ドイツの快進撃も、ファンの応援空しく、ここにて玉砕。

  • 決勝戦はジダンのPKで始まり、ジダンの頭突きで終わった気がします。
    粘り強く戦ったイタリアが、24年ぶりのワールドカップ優勝!
    キーパーのブッフォンは、自殺点とPK以外は大会無失点。
    イタリアの選手の年齢を考えたら、今回優勝していなかったら
    又しばらくは優勝していなかっただろう。と言う事で、おめでとう~。

さて、では当サイト恒例の、ベストチームと、ワーストチームを選んで見たいと思います。
今大会を通じて、私が最も気に入った選手、そして
期待はずれだった選手を紹介して行きたいと思います。
FIFAの正式なベストチームとは結構違う気が・・
とにかく、行ってみませう。


今大会、ベストチーム


Roberto Abbondanzieri
(Argentina)
Willy Sagnol
(France)
Fabio Cannavaro
(Italy)
Rafael Marquez
(Mexico)
Gianluca Zambrotta
(Italy)
Robin van Persie
(Holland)
Patrick Vieira
(France)
Zinedine Zidane
(France)
Maxi Rodriguez
(Argentina)
Miroslav Klose
(Germany)
Fernando Torres
(Spain)


余り好きじゃないですが、今大会の得点王クローセは外せないですよね・・

この他にも、C・ロナルドや、ピルロ、ガットゥーソと言った
欧州チームの主力メンバーもすごい光っていました。
アフリカ勢のスタミナと頑張りもすごかった・・

続いて、期待外れイレブン、カモン。


今大会、期待外れチーム


Fabien Barthez
(France)
Goran Gavrancic
(Serbia & Montenegro)
Mladen Krstajic(Serbia & Montenegro)Samuel Kuffour
(Ghana)
Marek Jankulovski
(Czech Republic)
Ronaldinho
(Brazil)
Frank Lampard
(England)
Wesley Sneijder
(Holland)
Shunsuke Nakamura
(Japan)
Michael Owen
(England)
Adriano
(Brazil)


ルーニーは怪我をしていた、と言う事で許しましょう。
この他にも、オランダのDirk Kuyt等も何故チームに入っているのか、理解に苦しみました。

さて、ここから少し分析に入りたいと思うので、
サッカーオタクじゃない方は、これ以上読まない方が良いかもです・・


    イングランド

もうダメダメダメダメダメダメダメでしたね。
どこを見てもダメ。誰をとってもダメ。
全ては監督の責任。この黄金世代の選手があそこまでバラバラになるなんて、
相当ひどい監督でなければ成せない「異業」でしたね。

意味不明監督、スベン・ヨラン・エリックソン。

  1. 主力フォワードが二人怪我しているのに、代わりはクラウチと17歳のギャンブルカードのみ。

  2. いくらプレイが悪くても、ランパードをおろさない。

  3. 世界レベルのリンク・フォワード、ルーニーのワントップ。

  4. 長身ポストプレイ・フォワード、クラウチのワントップ。

  5. レノンとキャリックの出し惜しみ。

  6. ピッチ上で吐いているキャプテンを20分様子見てからおろす。

  7. 記者会見では笑顔で「優勝する」。

  8. ほとんど試した事がないフォーメーションを、ワールドカップ本番で試す。

  9. PKは死ぬほど練習した、と主張。余計かっこわるい。

  10. 取り合えず、ベンチに座ってるだけ。指示はアシスタントに任せっきり。

とにかく、ランパードが邪魔でジェラードは余りあがれないし、
ワントップだからサイドから攻めたい所なのに、
ベッカムとJ・コールはウィンガーじゃないから攻撃にスピードがないし、
あんなイングランドじゃ、勝てるわけがない。

北アイルランドに負けたチームだし。

新しい監督に期待するしかないですね・・しかし、次の監督も
エリックソンのアシスタントだったので、余り期待は出来ないのでしょうけど。
ベッカムはキャプテンをやめて正解だと思います。
これからはレノンやキャリックの時代でしょう。

って言うか、アシュトンとかデフォーとかを代表に入れろーー。
ウォールコットって誰じゃ!

ちなみに、負け方が又PKとはね。
メディアは散々チームを叩いていますけど、実際は
自分達がプレッシャーかけるから、
イングランドの選手は余計緊張してしまって
PKに弱いって、いつになったら気付くんでしょうね。

いつになったらイングランドは面白いサッカーが出来るのやら・・

今大会のイングランドのベストプレイヤーはダントツでジョーコールでしょう。
これからの彼のプレイには期待大です(^^)


    日本

日本も残念でしたね。オーストラリアに勝てれば
予選も通るかなって所でしたが、最後の最後でやられちゃいましたね。

日本に関しては、一番問題なのがメディアじゃないでしょうか。
正直、ヨーロッパサッカーをずっと見て来ましたが、こっちと比べると
日本の解説はひどすぎます。よって、反省会も意味不明だし、
ファンもどこまで期待して良いのか、今一つわからない感じがします。

今回だって、ブラジル戦で「世界との差を見せ付けられた」等と言われているみたいですが、
実際はサッカー的にそこまで負けていたわけではなく、
勝負のポイントは45分にてロナルドが決めた同点ゴール。
あれで試合の流れが傾いたと思います。
あれが入っていなかったら、日本は少なくとも引き分けていたかもしれません。

大体、日本はあの試合、少なくとも2点差で勝たなくてはいけなかったので
攻めるしかなかったんです。よって、守りが薄くなるのは必至。
そして、勝ちだすと調子付くブラジル。一番、大量リードを許したくない相手です。
勝っていると、自由自在に遊ばれちゃいますからね。見ての通り(苦笑)
よって、引き分けと大敗の差は紙一重なのではないでしょうか。

それと今回思ったんですが、日本の選手はちょっとパニックに陥る傾向がありますね。
オーストラリア戦でも特にそれが目立ったと思うんですが、
窮地になると落ち着いてサッカーが出来なくなりません?

統率するはずのキャプテンがチームで一番パニック症なので、仕方ないですけどね。
宮本のクロアチア戦での蒼白な表情を見た時、ちょっと絶望しました。

中村は、自分が日本人が言う程のスーパースターじゃないって今回で気付いたのでは。
彼のプレーは余り観た事がないので、なんとも言えないのですが、
ちょっとプレースタイルに「目立ちたがり」感が出てましたね。
毎回キラーパス狙ったり、自分で試合のペースをコントロールしようとしたり。
通ったパスは恐らく20%ぐらいです。でもって、ミッドなのにタックルはほぼ皆無。
あ、自分をタックルしていたみたいですが。

友達が「トルシエが中村を選ばなかったのは正解だったっぽいね」と
冗談風に言っていましたが、ホントに今はそんな気がしてしまいます。

加地って選手は、是非ヨーロッパに来て欲しいです。
彼のプレーが好きだったのでもっと見たいし、
何より良い経験になって、日本にとってもプラスになるのでは。

とにかく、次に日本を解剖するのは又4年後になっちゃいますね。
しばらく見れないのは残念ですが、オシムさん、どうかよろしくお願いしますです。
是非、日本を後一歩前に・・そして、次回ワールドカップでは強豪チームとして
世界に恐れられる存在になっているといいなぁ。
柳沢さん、動きは良いんだからシュートだけ練習して、又ヨーロッパに来て下さい!

ではでは、これにてワールドカップ特集を終わらせて頂きます。
ここまで読まれた方は・・すごい。

お疲れ様です。

(前回の「サッカーを追う、番外編:ワールドカップ④」は、こちらよりどうぞ)


Ranking1ジダン様、お疲れ様、今までありがとう!の気持ちでクリックを!


人気blogランキングへ

スポンサーサイト
この記事に対するコメント
最後まで読みましたよ・・・
てことで私はやっぱりサカヲタなんでしょうか???

>イタリア優勝おめでとう!

はい。どうもありがとう、ということで。ってなんで私が???

イングランドは確かにね~もうちょっと面白いふっぼーを見せてくれるのかしらんと思っていたんですけどね~。
「今年は過去最強だ!40年ぶりに優勝するぞ!」と言ってらっしゃいましたが、「どう思う?」って非イングリッシュに聞くと、みんなクチをそろえて
「彼らはそうやって強がってるだけだよ。」「もしくは自分にそう言い聞かせている」
果たして言うとおりでした・・・。てゆーか知り合いでふっぼー狂なイングランド人がいないので、比較的平和に過ごせましたわよ。ほほ。

日本はねえ・・・実況と解説がってのはねえ・・・Kennyさんご存知ないはずですけど・・・ど、どこでご覧になったんですか?>試合
それともお友達にビデオを録画してもらって送ってもらったとか?
もうウルサイです。
すかぱとかの衛星の番組はマシですけど、地上波はもうひどすぎです。
ふっぼーに限らず、バレーボールとか、野球とか(アホな解説者=元選手を持ってこられた日にゃあ)・・・すごいですよ。ふふ。
N●Kでやるウィンブルドンくらいですかね、まともそうな実況・解説って。
あんなことしても視聴者はめっちゃ冷めてるってことを制作サイドはわかってないんでしょうかねえ・・・。

W杯初戦で間違った国歌が流れたとは露知らずでした。さすがKennyさん(爆)
それってFIFA副会長の陰謀じゃないかなあ。(←根拠ナシ)
【2006/07/14 22:11】 URL | どらまきん [ 編集]

笑った~!
おそらく、アドリアーノがイギリス人なのも、オーウェンがオランダ人なのも陰謀だろう。
怪我をしていたルーニーは免除され、大会中に大怪我をおったオーウェンが見事
ワーストに選ばれたのも、陰謀だな。うんうん。
一番かわいそうなのはニューカッスルよね。
ことごとくポルトガル戦でついてないルーニー。ははは。

ところで、日本戦の解説(ネットで見れるビデオ)って↓の感じ。

「さて、じっくりパスをまわしながら攻める日本、お、いいパスだ。ここで、サイドチェンジ!あっちの選手がフリー。あぁぁ、惜しいぃぃ。ここ、危ないですよ。早くプレスをかけて。あぶないっ。あぁぁ、決められたぁ」

って、お前は普通のサポーターかよ!って感じですよね。
【2006/07/14 23:52】 URL | タケシ(らくだ@) [ 編集]


>どらまきん様

いやいや、読んで頂けてうれしい限りです!

日本の実況に関しては、私は別にテレビの実況の話をしていたわけではなく、
スポーツ番組の解説や新聞の話をしていたんですがね。
しかし、実況も最悪ですよね。こんなリンクを友達に紹介して頂いて、
更に絶望しました。

↓↓↓↓↓
http://www.youtube.com/watch?v=GDY_gKUJqK0
↑↑↑↑↑


皆様も是非、ご覧になって下さい。最高に笑えますよ。

ちなみに私のお気に入りは:

「何よりも注目は・・スタメンには出ていませんが」
「なかZarrrrr・・キモチイイ!!」
「やはりこの人の高さが生きました!」

もう最高なりに、最悪ですね。
こんな実況でサッカー観戦をしている日本の友達が
可哀相になりました・・そして、改めてBBCのレベルの高さが身にしみました。

トーゴに関しては、どうしてもウケ狙いとしか思えないのですが(笑)
当の本人達はすごく可哀相なんですが・・笑ったらあかん、笑ったら・・
【2006/07/15 02:42】 URL | Kenny [ 編集]


>タケシ様

目ざとい指摘ありがとうございました、全然気付いていなかった(苦笑)
ちゃんと変えておきました・・

オーウェン?ああ、ニューカッスル嫌いだからね(笑)
でも、このイングランドの悲劇で一番可哀相なのがニューカッスルですよね。
怪我を見たとき、真っ先に「ニューカッスル怒るぞー・・」って思いました。
そして、似た原理で、ルーニーが出てくる度にドキドキして観ていました。
レッド食らって途中で降りてくれてよかった・・

日本の実況は、↑でも載せましたが、

http://www.youtube.com/watch?v=GDY_gKUJqK0

これが最高ですよ。是非観て見てください(^^)
ホントにファン以下。涙が出てくる。でも面白い。
【2006/07/15 02:45】 URL | Kenny [ 編集]


↑のビデオ観て思った。

BBCの実況が、

OSAGAWARA とか、ORASAWARA とか言ってたことに対して、
怒ったこと、深く反省しました。

すごいわぁ。なんていうか、、、すごいわぁぁ。

感動して言葉もでない。だれか、「解説」と言う言葉の意味を
教えてあげてください…。

つーか、ニューカッスル、フォワードいないよ。
どうすんの。
【2006/07/15 08:32】 URL | タケシ(らくだ@) [ 編集]


>タケシ様

僕もです。「感動」って言うか、「絶望」って言うか・・
エンターテインメント・バリューは満点ですけどね!

ニューカッスルは・・ついにルケの時代か?!(笑)
あのオランダのショボショボフォワード、Kuytでも買えば?

つーか、マンチェ、ミッドいないよ。
どうすんの。
【2006/07/15 09:24】 URL | Kenny [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kijazz.blog59.fc2.com/tb.php/71-9887277f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

イエローカードイエローカード(Yellow card)は、黄熱|黄熱病の予防接種証明書。黄色ないしオレンジ色の紙に黄熱病ワクチンを接種した日付・場所などを記し、その有効期限も明記してある。汚染地域・国へ入る際、税関などで提示する必要がある。アメリカ合衆国|アメリカのバ サッカーFC事典【2007/08/07 12:16】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。