HOME

トップに戻る
ゲストブックをサインする
記事一覧

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

  Kenny

Author: Kenny
DOB: 8月6日
アイルランド生まれ、
イギリス育ちの純日本人。
2005年・夏
ロンドン大学を卒業

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

大きなロンドンに住む、小さな日本
ロンドンと言う、様々な文化が共存する街で、実家と言う、一つの小さな日本にて暮らす。これは、そう言った環境で育った自分の、どことなく風変わりな価値観や考えを紹介して行く、作品集です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語を考える 第1章:日常会話?
熱闘広辞苑に夢中になるのも良いのだが、
気付いたらあっちのエントリーの数が、
「知られざる、我が母国」のエントリーを
超えようとしているではないか。

それは、いかん。いかんぞー。

一応始めに、たったの3つのメインテーマに絞ったのだ。
一つだけ疎かにするわけにはいかん。

ちなみに、↑の漢字は「おろそか」と読む。
知らなかった者。心配ない。私も知らなかった。

とにかく、今日から新しいタイトルについて書こうと思う。
名付けて・・

「日本語を考える」

帰国子女(?)の目から見て、日本語には不思議な所が沢山ある。
これらを少し、紹介して行きたいと思う。
読者諸君、一緒に日本語を考えて行こう。
掘出物の発見があるやもしれんぞ。

それでは、よーーーーーーーーーい・・はじめ!


日常会話。日々、我々日本人が普通に使用する「日本語」。
そこには、様々な疑問が生じるきっかけが沢山ある。

例えば、次の会話を聞いて欲しい。

A夫さん: いよいよ、明日帰国だ。実感沸かないなぁ。
B子さん: 飛行機に乗ったら、嫌でも実感が沸くわよ、きっと。
A夫さん: 12時間かぁ・・嫌だなぁ。俺、飛行機で寝れないんだよなぁ。
B子さん: 映画でも観ていれば良いじゃない。12時間なんて、あっと言う間よ。
A夫さん: ま、いいや。なんかお土産いる?
B子さん: ううん。気をつけて帰ってね。
A夫さん: おう、サンキュー。じゃ、向こう着いたら又連絡する。

さて。この会話において、おかしい点は?

ない。

強いて言うなら、

B子さんの本名が気になる。  ブタ子か?

こんな所だな。

しかし、もう少しちゃんと考えたら、実は気になる点がある。

B子さん: ううん。気をつけて帰ってね。  ←ここ!

誰が気をつけるんだ?A夫か?どうやって?

飛行機は、落ちる時は落ちる。A夫がいくら気をつけても、
厳重装備で飛行機に乗っても、乗る時に慎重に歩いても、
飛行機が落ちる時は落ちる。むしろ、気をつけている方が不自然だ。

私も良く言う。気をつけて帰れよ。

言った後に思う。本当に気をつけて帰ったら怪しいな。

・・と言う事で、だ。



おかしいがな!



さて、では次に行って見よう。



まずは、この会話を聞いてもらおう。


K太さん: 今夜、何食べよっか。
R子さん: うーん。適当に生姜焼きでも作るよ。
K太さん: おっ、良いね。じゃあ、手伝うよ。
R子さん: いいよ、別に。簡単だし。
K太さん: だって、待ってるの退屈だし。じゃあ、ご飯炊いとくよ。
R子さん: あ、うん。じゃ、お願い。
K太さん: よしよし。任せなさい。


さて、読者諸君。何か疑問に感じる所は?

ない?

強いて言うなら、

登場人物が変わった!  関係あらへーん

こんな所だな。

しかーし、もう一度ちゃんと読んでみよう。ちょっとおかしい所がある。

K太さん: だって、待ってるの退屈だし。じゃあ、ご飯炊いとくよ。  ←ここ!

お兄さん。ご飯を炊いてどうする。

炊くとは、元々「焚く」と書き、食べ物を煮ると言う意味だ。
ご飯を炊いたら・・お粥さんになっちゃうじゃないか。
生姜焼きと合わないぞー。絶対に合わない。

焚くのは米。焚かれた米がご飯。

・・っと言う事で、だ。


おかしいがな!


さて、今日はこの辺にしよう。
次回も次々と日本語の謎に迫ってみたいと思う。

乞うご期待!



本日の語源:オジャンになる

楽しみにしていた事、期待していた事がダメになってしまった時、
「あーあ、全部オジャンだよ」と言う表現を使いますよね。

この言葉は、意外にも火事場から来ています。

昔、火事があると、係りの者が半鐘を鳴らして村の人々に報せていました。
その半鐘を鳴らす音は、「ジャーン、ジャーン・・」って聞こえたらしいです。
火元が近い時は半鐘を乱打し、遠い時は半鐘を2回半打ちました。
そして、火が消えた時、「ジャン、ジャン」と2回鳴らしたそうです。

この火事の終わりを報せる「ジャン」の音から、
「オジャンになる」と言う言葉が生れた、とされています。
よって、元々は嬉しい現象を現した言葉だったんですね(^^)
いつの間に悪い意味を持つ様に・・ネガティブ思考の日本人め・・



Ranking1帰る前に、ほんのワンクリックだけお願いします!

人気blogランキングへ



スポンサーサイト
この記事に対するコメント

こんちにちは。
チェコあっけなかったですね。残念。。。
ところでA夫さんは飛行機が突然揺れて、食べかけのラーメンの汁がこぼれてやけどをしないように”気をつける”。
それから飛行機を降りてから違うバスに乗らないように”気をつける”んですよ、きっとね。
【2006/06/28 17:38】 URL | ET [ 編集]


昔は炊飯器がなかったから、薪を焚いて、ご飯を炊いたから、そう言うんあじゃないかなあ~。。。「焚く」を言う字を良く見ると、「木」が「火」の上にあるでしょ。だから昔は、おかしくなかったんだよ、きっと。ま、今はキャンプの時しか、お釜で本当に炊かないけれどね!
【2006/06/29 08:38】 URL | Naomi [ 編集]


>ET様

もう、がっくしですよ・・フォワードの怪我さえなければ・・
でも、運も実力の内って言うし、しょうがないですね。
これでもう二度とネドヴェドが観れないかもしれない、と思うと、ちょっと悲しいです。

なるほど、そう言う事に対して「気をつける」んですね!勉強になりました(^^)
じゃあ、次回飛行機に乗る時は、真剣にラーメンの汁がこぼれない様、注意します!(笑)
【2006/06/29 10:41】 URL | Kenny [ 編集]


>Naomi様

あ、はい、焚くのは焚くので良いんですけど、
焚くのは「ご飯」じゃなくて「お米」ですよね。

「ご飯」を炊いてしまったら、お粥さんになってしまいます。

確かにご指摘の通り、お米を焚く、と言うのは、
鍋などで煮ていた時代から来ていますよね。
まぁ、今でも鍋で米を炊いた方が美味しい、と言う人も少なくないですが・・

あ、もう一度言いますが、URL間違っていますよ(笑)
【2006/06/29 10:43】 URL | Kenny [ 編集]

そういうツッコミする人って
いますよ>ご飯炊いたら粥になるがな!
私もたまーにね、突っ込まれますよ。
「え?ご飯?お米じゃないの?」とかってね。にやにやしながら。
そういう時は一言「だまらっしゃい。」ですね。

あと、「気をつけてね」ですが。
英語でいうtake careとおんなじ感じですよ、きっと。
別に心配してないけど、とりあえず別れ際の言葉として形式的につけているだけ。

・・・って言うのはうそですよ。はい。(そういう人もいるかもしれないけど)
強いて言えば、飛行機に乗るまでの間、階段から落ちたり、お財布なくしたりしないよう「気をつけてね=ぼーっとするなよ」ってことです。はい。
真面目にこたえましたね、私。
お分かり頂けましたでしょうか?
次回も楽しみにしておりまーす。
【2006/06/30 08:05】 URL | どらまきん [ 編集]

何と言うかね、
きっと一番おかしいのは、ケニーの日本語だよ。うん。

例えばここ、

>例えば、次の会話を聞いて欲しい。

・・・読んじゃだめなんかい!文字から会話は聞こえません・笑

と、突っ込みをいれてみた。がんばろうね、お互い。やれやれ。
【2006/07/01 09:57】 URL | タケシ(らくだ@) [ 編集]


ケニーのいう所はあまり気にならなかった。
そりゃあ、ね。私のジャパニーズももう危ないから(苦笑
でも他に気になる所が見つかりました・・

A夫さん: ま、いいや。なんかお土産いる?  ←ここ!
A夫さん、「帰国」するんじゃなかったの?

R子さん: うーん。適当に生姜焼きでも作るよ。  ←ここ!
生姜焼きって具体的な献立なのになぜ「適当」?

意味は分かるのだけど、実は正しい日本語の使い方ではないよね。

後、タケシさんの指摘に一票。サイトからケニーの朗読が聞こえたら面白いかもね(笑
【2006/07/07 06:43】 URL | おーた [ 編集]


>どらまきん様

決して「にやにや」しながら言っているわけではなく、不思議だなぁ、ってとこですかね。
「ご飯を炊く」は今や、広辞苑にも載っています。不思議だと思いませんか?

「気をつけてね」は、やはり形式的につけているだけですか、そうですか(笑)
なるほど、飛行機に乗るまでの間に「気をつけろ」なんですね。
しかし、ドライブの前に「気をつけてね」と言ったら、絶対運転している間、
事故とか起こさない様に気をつけてね、って意味ですよね?
乗り物によって、言葉の意味が違うのかぁ。奥が深いですね(笑)
【2006/07/08 07:09】 URL | Kenny [ 編集]


>タケシ様

やれやれ。言っておきますが、別に誰も何も批判してないですよ。
変じゃないですか?って言ったまでです。
なんでそれで「お前が変だ」って逆切れされなきゃいけないのか・・(--;

「話」と言う字には「口」って入っているし、
会話を「読む」より「聞く」方がしっくり来るかな、と。
手紙などで「愚痴を聞いてくれてありがとう」って最後に書く友達もいます。
確かに綿密に言うとおかしいですね。でも「一番変」ってのは意味がわかりません(笑)
【2006/07/08 07:16】 URL | Kenny [ 編集]


>おーた様

久しぶりのコメントをありがとうございます(^^)

私のジャパニーズもトテモアブナイ・・
ま、指摘するだけなら自分が完璧でなくても大丈夫、と言った所で・・(^^;
じゃなければ、誰もブログなんて書けないですし・・えへ。

ちなみに・・

確かに一時帰国の事を略して「帰国」って言いますよね。
「適当な生姜焼き」は、きっと適当に「作る」=料理本とか見ず、
分量も目分量で、材料も冷蔵庫にあるもの、と言った感じなのでしょうか(笑)

やはり「正しい日本語ではない」のでしょうかね。
僕もそうだと思うのですが、なんか、これほど沢山の人が使う表現などは、
もはや「正しい日本語」と見なしてもいいのでは?とも思ってしまったり。
難しい所ですよね。ご年配の方は、最近の日本語に、
不満が溜まって仕方ないんでしょうが・・

次回も、どこまでが許されて、どこまでが正しい日本語ではないのかを考えて行きたいと思います。
是非、また遊びにいらしてくださいね!
【2006/07/08 07:29】 URL | Kenny [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kijazz.blog59.fc2.com/tb.php/67-305880e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。