HOME

トップに戻る
ゲストブックをサインする
記事一覧

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

  Kenny

Author: Kenny
DOB: 8月6日
アイルランド生まれ、
イギリス育ちの純日本人。
2005年・夏
ロンドン大学を卒業

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

大きなロンドンに住む、小さな日本
ロンドンと言う、様々な文化が共存する街で、実家と言う、一つの小さな日本にて暮らす。これは、そう言った環境で育った自分の、どことなく風変わりな価値観や考えを紹介して行く、作品集です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永遠のヒーロー&ヒロイン
(熱闘広辞苑の詳細については、こちらを参照下さい)

課題地獄が終わった喜びも、ほんの束の間。
今度は、試験勉強に追われる毎日を過ごしております。
よって、例によってブログの更新率が不規則なままですが、
どうぞご了承下さいませ。これも6月中旬までの辛抱!

さてさて、今週もこの時間がやって参りました、熱闘広辞苑!
参加者以外の方からコメントを頂いた事がないので、
今ひとつ読者ウケがどうなのかわからない当企画ですが、
英語では「頼りのないのは良い便り」と言うことわざがあります。

よって、何か言われるまでは、大好評企画として紹介しますが、ん、何か?

では、早くも第4回、「え」は「永遠のヒーロー&ヒロイン」の「え」、は
この後すぐです!チャンネルはそのまま!!(はい、コマーシャル)
↓↓↓↓


で、

ヒーローって何・・?(--;

・・・

こ、今週は早くも使っちゃいましょう、広辞苑ライフライン!!(汗)



ヒーロー【hero】

①英雄・英傑。
②人気者。立役者。
③小説・物語・戯曲などの男の主人公。




おぉ!!今週は役に立ったじゃないか、広辞苑。
初めて役に立った、と言う説もあるが、気にしない気にしない。
よしよし、これなら書けるぞ。

ふむふむ・・永遠の英雄・・日本語に直しただけだな・・
永遠の人気者か・・いや、永遠の立役者・・?
永遠の男の主人公・・永遠の・・あれ。


そんなのいないじゃないですか\(×∇×;)/

大体、「永遠」なんてものはないんだよ、みゆき・・(月9ドラマ風)



えいえん【永遠】

①始めもなく終りもなく果てしなくながく続く事。永久。
②生成消滅のない存在、すなわち無時間的な存在の性格。
③数学の命題やイデアの様に無時間的に妥当する心理の性格。




注:ここで「永遠」と言う現象について永遠に語るのもありだと私は思いますが、
そうすると他の熱闘広辞苑・参加者に袋叩きにされそうなので、渋々却下。

仕方がない!たまには真面目にに考えましょう!

がんばれ!お前はやれば出来る子なんだって母ちゃんが言ってたじゃないか!

永遠の英雄・・英雄と言えば、文武の才の特に優れた人物であり、
実力が優越し、非凡な事業を成し遂げる偉人・・

ちなみに、この言葉は「英雄家」の略でもあり、
公卿の家事で清華(せいが)の異称でもあります。

しかしながら、「英雄色を好む」と言う表現もあれば、
「英雄人を欺く」とも言います。それはすなわち・・

・・・

ごめんなさい、自分でふきだしました(--;

ダメだ、真面目過ぎて笑える。 むしろ泣ける。
やっぱり、拙者に真面目は似合わんでござる。

いつもの感じで気楽に行こう・・

さて、「ヒーロー」と聞くと、瞬間的に子供の頃を思い返すのは、
私だけでしょうか。要するに、歳を取れば取る程、
自分の周りに「ヒーロー的存在」がいなくなる、と言う事でしょうかね。

だって、今週の題を知った時、最初に頭を過ぎったのが
フラッシュマンでしたもん。超新星、フラッチュマーーーン♪
やっぱり、ヒーローと言えば、戦隊物でしょう!

ちなみに余談ですが、私は昔、後楽園でフラッシュマンと握手をした事があるらしい。
なんか、照れて、フラッシュマンの顔を見れなかったらしいですよ。
恋をしていたんですね・・ハイカラな衣装を着た、中年の男に。

それから、次に思い返したのが、小学校時代の先生でした。
自分が今ここにいるのは、親と、当時の私の小学校の先生のお陰である、と言うのは
言い過ぎではないと思います。いや、ホントに。

子供の性格や考え方が段々と決まってくる頃に、
どう言う指導を受けるか。どう言う刺激を受けるか。
これによって、一人の人間の人生が、いくらでも変わって来るとも思います。

例えば、私が小学校で一番好きだった先生が、数学の先生でした。
そして、一番良く面倒を見てくれたのが、確実に音楽の先生。
他にも大好きだったのは、自分のサッカーを認めてくれて、サッカーチームに選んでくれた、
サッカーの顧問の先生(地理の先生としては最悪だったけど・・)。
冗談抜きで、私の印象に最も強く残っている先生は、この三人なんです。

そしてその後、私は大学で数学を専攻して、未だに趣味は音楽とサッカー。

ものの見事に、小学校の先生様様なのです。はっきり言って、怖いぐらい。

子供の頃の記憶が余りない自分ですが、昔から人と言うより、
言葉の方が印象に残っていたりします。
私の数学の先生が伝えてくれた言葉・・

「知っている?数学は不完全な人間の、完全への挑戦なんだ。
どこまで人間が出来るか、楽しみだと思わない?」


音楽の先生が転任する直前に言ってくれた事・・

「お前の才能を持って、将来音楽なんかやめたら、
直に会いに行って、思いっきり殴るからな」


サッカーの顧問の先生が言っていた事・・

「将来、日本がワールドカップを優勝したら、
そのフィールドに君は立っているかな?」
  二つの意味で、無理に決まってんじゃん・・

全て、今も心に深く、刻み込んであります。
お陰で数学に対する興味が薄らぐ事はなく、
音楽をやめようとも考える事はなく、
サッカーをやってる間は常に目標がありました。
この人達のお陰で、私はここまで来れたんですよね。

・・・

うう、先生方、あなた達は今どこでどうされてるんですか?(;。;)

この他にも、すごーーくお世話になった化学の先生(♀)。
彼女の後押しや言葉がなかったら、私は小学校卒業後、
もっと普通の中学・高校に行っていたかもしれない、とも聞きます。

よって、もしもヒーローと言う言葉に「立役者」と言う意味も含まれるのならば、
彼ら、彼女らが恐らく、僕にとっては「永遠のヒーロー&ヒロイン」でしょう。

まぁ、もちろん親が一番なんでしょうが・・
それだと答えが優等生過ぎるので、却下です。


せんせーへ、
おげんきですか?ぼくは、げんきです。


ではでは、また次回!



「熱闘広辞苑」の他の参加者の記事も読みたい!と言う方は、
こちらよりどうぞ。全参加者の記事がこの掲示板に
トラックバックされる事になっています。


今回、私が(ランダムに)選んだ、参加者の記事:

永遠のヒーロー・ヒロイン (まゆみのソリロクィ)

永遠のヒーロー&ヒロイン (ダラムdeだらーん)

永遠のヒーロー&ヒロイン (真青を求めて)


Ranking1しんみりしてしまった方は、気を取り直してクリック!

人気blogランキングへ



※カテゴリの記事及び本ブログは岩波書店及び同社刊「広辞苑」とは一切関係がありません




スポンサーサイト
この記事に対するコメント

“赤子の魂100まで!”というように、子供の頃受けた影響&教育は重要な意味を持ちますね!
僕は野球少年だった頃に出会った、タイプの異なる監督2人に大きな影響を受けたと思っています。一人は、とても厳格でスポーツマンとしての礼儀や心構え、基本の大切さを教えてくれました。もう一人は、教えるというよりは、ものごとに取り組む際の雰囲気or環境作りのうまい人でした。彼の方法で、僕らは自然に自分たちで取り組み方を考え、構成し、みんなで協力して努力するようになりました。結果も、それぞれついてきて、達成感を味わいました。このときに培われた生き方の基盤は、今も自分の中にある気がします。

自分が今取り組んでいるものは、おそらく親父の影響が大きいです。

いずれにしても、教育は社会の基盤をつくる!改めてそう実感させられた、今回の記事でした。

PS:まじめなコメントで恐縮です......。
【2006/06/02 18:20】 URL | onigiri15 [ 編集]


ご、ごめんなさい。意外に悩ませちゃったようですね。
此の手のネタって日本のテレビでよくやってたので、あまり深く考えずお題にしちゃいました(涙)

>ハイカラな衣装を着た、中年の男に。

ここにすごくウケてしまいました。

学校の先生がヒーローだなんて、教師冥利につきますね。
自分が何気なく言ったことが、生徒の支えになってるなんて素晴らしい。
もし機会があったらそれを先生に教えてあげて欲しいですね。きっと喜ぶはずです。
【2006/06/02 21:18】 URL | shibako [ 編集]


先生がヒーローですかぁ。
昨日、ちょうど先月まで私が担任だった学生さんたち何人かに手紙や、プレゼントをもらったんです。ここに来て初めて担当した学生さんたちですが(「あ・い・う」から教えたんですよ。)、一日の中で先生の授業時間が一番楽しかったと書いてある手紙を読んでいて、涙が出るほど本当に嬉しかったんですね。
私もkennyさんのヒーローである先生とまではいいませんが、そういう彼らの印象にずっと残るような先生を目指して日々向上心を持って、頑張りたいなと思いました。
【2006/06/03 19:34】 URL | kyongfa87 [ 編集]


>onigiri15様

教育は社会を作る、かぁ。
確かにそうですよね。ちなみに、
僕も父親の影響がすごく大きかったりします(^^)
そう言うものなんですかね。

余談ですが、僕も野球大好きですよ!
拙者はヤクルトファンなり。行けースワローズーー
【2006/06/06 08:21】 URL | Kenny [ 編集]


>shibako様

どもども。悩んでしまったって言うか、
初めて熱闘広辞苑で真面目な記事を書いてしまいました(笑)

「ヒーロー」が思い浮かばなかったので、
苦し紛れに「立役者」路線で行って見ました・・
出来る事なら、小学校の先生に直接会って、
報告したい事や、お礼を言いたい事が山のようにあります。
自分も、もし先生になったら、ああ言う先生になりたいなぁ・・

仮面ライダーの背中にはチャックがある、ってやつですよね(--;
マジで今になって考えると、何を照れていたのさ、自分って感じです(笑)
【2006/06/06 08:25】 URL | Kenny [ 編集]


>kyongfa87様

例によって、コメントありがとうです(^^)

キョンファさんも、きっと同じ様に、自分の生徒さん達にとっては、
「永遠のヒロイン」ですよ!でも、僕も家庭教師をやっているんですが、
そう考えると自分の言葉の一つ一つの責任の重さが・・
無責任な事を言えない限りですよね、ホントに。

ちなみに、僕達が当時憧れた小学校の先生って今になって考えると、
今の私達と同じぐらいの年齢だったんですよね!(--;
マジでびっくりです。きっと本人達もすごいドキドキしていただろうに・・
人間、いつヒーローになったり、ヒロインになったりするのか、
本当にわかったものじゃないです。日々精進!(笑)
【2006/06/06 08:29】 URL | Kenny [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kijazz.blog59.fc2.com/tb.php/56-a397d906
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。