HOME

トップに戻る
ゲストブックをサインする
記事一覧

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

  Kenny

Author: Kenny
DOB: 8月6日
アイルランド生まれ、
イギリス育ちの純日本人。
2005年・夏
ロンドン大学を卒業

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

大きなロンドンに住む、小さな日本
ロンドンと言う、様々な文化が共存する街で、実家と言う、一つの小さな日本にて暮らす。これは、そう言った環境で育った自分の、どことなく風変わりな価値観や考えを紹介して行く、作品集です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカーを追う 番外編:ワールドカップ①
(前回の「サッカーを追う、第2章:決勝戦 」は、こちらよりどうぞ)

祝、一ヶ月1000ユニークアクセス!!

まさか、ここまで伸びるとは、なんとも予想外です・・
本当に、本当に嬉しい限りでございます!
皆様、いつもいつも沢山のアクセス、誠にありがとうございます。

さて、サッカー国際連盟・FIFAワールドカップも開幕目前。
当ブログの読者の多くがサッカーファンであると知った上、
私の友人のブログでもワールドカップについての記事が
多くなって来たので、ここは一つ、私も余興を用意する事にしました。

いわゆる、ユーザーフレンドリーなワールドカップ教室
ちょっとサッカーに興味あるけど、実は良く知らない!と言う方には
多少なりとも、役立つはずです。そして、サッカーファンの皆様には、
公式サイトとはちょっと違う視点から見た、解説などを掲載してみます。

内容は全て、私の独断と偏見で書かせて頂きます。

では、レッツ・キックオフです(^^)
↓↓↓↓↓


恐らくご存知でしょうが、サッカー・ワールドカップ参加国は32ヶ国
4チームづつのグループが8つです。
そして、一つのグループより、上位2チームが決勝トーナメントに勝ち進めます。
グループでは総当たり戦、いわゆるバトルロワイヤル形式です。

・・と、ここまでは基本。

では、一つのグループにはどんなチームが入っているのか?

基本的には、どんな組み合わせもありです。
しかしながら、大抵のグループには
ヨーロッパのチームが二つ入っています。

そして、同じグループに北米・南米のチームが一つ以上、
もしくはアジアのチームが一つ以上、
もしくはアフリカのチームが一つ以上入っている事はありません。

さて、こう言う風に考えていくと、不自然なのがグループDと、グループF

そしてグループFとは、我らが全日本代表の入っているグループであります。

何が不自然なのか。それは、例えば、日本のグループなら、
  • 日本(アジア)

  • ブラジル(南米)

  • クロアチア(欧州)

  • オーストラリア(豪州)

と言った具合に、四つの違う大陸より、代表チームが一ヶ国づつ、入っている事。
よって、正しく、自らの大陸のプライドをかけての戦いになります。



ポイント1:

今回のW杯の予選で日本代表を応援する時は、
「頑張れアジア!!」と言った風に応援する。
代表している大陸の規模が大きいので、更に燃えるはずです。




予選で一試合勝つと、勝ち点3が入ります。
引き分けは勝ち点1、負けは勝ち点ゼロ。
大体の目星としては、1勝・1敗・1分で予選は通ります。
もちろん確実ではありませんが、大抵はこれでなんとかなります。

特に日本のグループでは、ブラジル以外のチームに負けさえしなければ、
恐らく予選通過は大丈夫です。その場合は、ブラジルが全勝で通過する、と言う前提で。

・・と簡単には言っていますが・・

実際は予選通過は、かなり厳しいと思います。
オーストラリアの力を侮ったら命取りになる、と言う事ですかね。



ポイント2:

日本の予選通過がかかっているのは、
なんと言っても初戦のオーストラリア戦。
6月12日のこの試合は、決して見逃さない様に!




では、ここで注目を、我らがイングランドに向けてみましょう。
今大会、イギリスはブラジルに続いての準・優勝候補です。

予想屋よ、何を血迷っているんだ(--;

確かに選手の層が厚いイギリスのチーム。
その中心には、世界ナンバー2選手、チェルシー所属はランパード
更にキャプテンのベッカム。そして、私のヒーロー、スーパースターのジェラード
確かに中盤が強いイングランドですが・・

何を隠そう、このイングランドチームは、ごく最近、
北アイルランド(世界ランキング102位)に、あっさりと負けました。
しかも公式戦。ちなみに、全日本は世界ランキング18位です。

何より、今年のイングランド代表は要のルーニーが不在。
そして、監督はボケる寸前なのでは、としか思えない采配ばかりのエリクソン。
この人、この大会が終わればクビ、と決まっているので、恐らく嫌がらせをしています。
よって、イギリスは予選通過も危ない。例え通っても、チームに華やかさがないので、
多分見ていても余り面白くないと思います。



ポイント3:

ジェラードファン以外のサッカー初心者は、
イングランドの予選の試合を観る必要は恐らくない。
多分、そこまで楽しめないと思います。




こうは言ったものの、イングランドのグループは笑える程、楽です。
グループBはイングランド・パラグアイ・スウェーデン・トリニダード&トバゴ。

カリブ海の島まで入っています(--;
マラカス持ってサッカーやってんじゃねーの。

よって、これで予選通過しなかったら・・存分に笑いましょう。

さて、では今日はこの辺で。
次回から、もう少し役に立つ、具体的な情報をお送りします。

ワールドカップまで:後8日

(「サッカーを追う、番外編:ワールドカップ②」は、こちらよりどうぞ)



本日のイチオシ:アルゼンチン vs コートジボワール

若手が光る、今大会で私が一番注目してる二つのチームが、
いきなり激突!6月10日、イギリス時間20時キックオフ。必見です!!


Ranking1ワールドカップが楽しみな方は、是非クリックです!

人気blogランキングへ

スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kijazz.blog59.fc2.com/tb.php/55-05eb3bd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。