HOME

トップに戻る
ゲストブックをサインする
記事一覧

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

  Kenny

Author: Kenny
DOB: 8月6日
アイルランド生まれ、
イギリス育ちの純日本人。
2005年・夏
ロンドン大学を卒業

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

大きなロンドンに住む、小さな日本
ロンドンと言う、様々な文化が共存する街で、実家と言う、一つの小さな日本にて暮らす。これは、そう言った環境で育った自分の、どことなく風変わりな価値観や考えを紹介して行く、作品集です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オックスフォードバスが行く 第1章:時刻表
二日おきに更新する、と言っていた矢先から、二日以上ブログを放置する私。
大丈夫。予告は外れる為にするものであります。

さて、昨日、私はロンドンからオックスフォードに戻るべく、
バスに乗る為にロンドン・ビクトリア駅に向いました。
オックスフォードとロンドンを結ぶバス、私が愛用するのは「Oxford Espress」
これは私がタイプミスをしたわけではなく、本当に「エスプレス」なのであります。
連想される言葉は、「エスプレッソ」(コーヒー)など。
何故、「エクスプレス」(急行)ではないのか、未だに謎ですが、深く気にせず。

このバスの外見は、こんな感じです。
↓↓↓↓


Oxford Espress
↑噂の「エスプレス」

今、写真のアップに戸惑っている間に、
カップヌードルの麺がのびてしまったのは、余談であります。
どうでもいいか。

とにかく、ビクトリアには、このバスに乗るのに使用出来るバス停が、二つあります。
一つは、電車の駅の近くにある、「ビクトリア・駅前」
そして、もう一つは、このバスの車庫にもなっている、始発駅の「ビクトリア・停留所」
ちなみに、この二つのバス停は、かなり離れています。歩いて5分ぐらいですかね。

今回、電車でビクトリアまで向った私は、
当然、まずは「ビクトリア・駅前」のバス停を訪れました。
現在時刻は・・4時43分・・
時刻表を覗き込む。次のバスは・・
あちゃ、ビクトリア停留所から4時55分か。
待ってるのダルイし、あっちまで歩いてしまおう。

そう決めた私は、やや早歩きでビクトリア停留所に向かい、辿り着きました。
時刻は・・よしよし、まだ4時49分。十分、まだ間に合います。
水をいつも通り買って、いざバス乗り場に向うと、
私がこれから乗り込むであろう、オックスフォード・エスプレスが一台、停車していました。
ゆっくりとゲートから出て、財布を取り出し、
私はバスの乗車券を取り出しました。

そして、さぁ乗るぞこの野郎、と言う時に・・

うぃーーん。(ドアが閉まる音)

びゅーーーーーん。

(゜д゜;)

この野郎!!


焦った私は、腕時計を見ました。腕時計が表示している時間は・・
3時50分・・と言う事は・・現在時刻は・・4時52分!!

(注:くどいようですが、私の腕時計は1時間と2分、遅れています)

出発するの、はえーよ!!!

必死にバスの前に体を投げ出し、「止まらないと俺に当たるぞ!!」
と言った感じで両腕を上げ、ゆっくり発車するバスを止めにかかりました。

オッサン、こっちみてねーよ・・って言うか・・

加速すんな!!!(危)

本当にあと少しで轢かれる所でした。やばいやばい。
こんな所で死んで溜まるか。いや、と言うか、

こんな所で泣き寝入りして溜まるか!

何かに取り付かれた私は、何を思ったのか、バスの後を追いかけ始めました。
雨は降る降る・・風は吹く吹く・・
しかし、ありとあらゆる障害物も、もはや拙者を止める事は出来ない。
我は、このバスを捕まえて、斬る!

信号で止まる、オックスフォード・エスプレス。
今だ!と、一気にトップギアに入り、「ビクトリア・駅前」のバス停を目指し、走る私。
途中で、次の信号の横にある横断用のボタンを押して、
その信号の色も「赤」に変える私。
行ける・・これなら行けるぞ・・ガンバレ俺。ガンバレ漏れ。

10分ほど前に、私が気楽に時刻表を覗き込んでいたバス停も、
やっと視界に入ってきました。オックスフォード・エスプレスは未だ、
一つ前の信号にて、停車中。なーんだ、余裕じゃん(^^)
怒りに満ち溢れながら、全速力で走ったせいで息をはぁはぁ言わせながら、
なんとかバスの前に停車駅に辿り着く事に成功した私は、
何故か優越感にも溢れていました。って言うか、雨でズブヌレ・・

やがて、先ほどのエスプレスが、バス停に到着する。
まずは、私が着く前から並んでいた乗客達が乗り、
最後に私が、未だに息を切らせながら、乗り込みました。
私を一目見ると、運転手の表情から笑顔がかき消されました。

そうだよ、たった今、あんたが轢き殺しそうになった、俺だよ!
ウルァー!


こんな状況で、文句を一言も言わずにいられるわけがありません。
運転手を思いっきり殴りたい気持ちで一杯でしたが、そこは抑え、一言

「あんた、時刻表ってなんだか知ってるのか?」

む、とした運転手は、一瞬にして逆切れモード。

「良いか、僕が出発した時には、既に10分遅れていたんだ!
君が、僕が出発する時に停留所にいなかったのが悪いんだ!」


まんまと引っかかる運転手。なにも、私は「あなたが早かった」、とは
一言も言っていません。時刻表が何か、知っているか訊いただけです。
よって、10分遅れて出発して、更にそれを私に威張って言うなんて、
墓穴を掘る以外の何事でもありません。ふふふ、勝利である。

それにしても、このバスが4時55分発のエスプレスではなく、
4時40分発の、10分遅れのエスプレスだったとは、又意外なり。

相手の言葉を無視して乗り込む私に対して、運転手の怒りは更に増幅。

「君、もし文句があるのなら、積極的に僕に言いなさい!
なんなら、僕の運転するバスが嫌なら、次のに乗るが良いさ!!」


ふ。勝者は多くを語らない。それ以上は一言も発せず、
着席して、息を取り戻しにかかった私でした。
それ以上文句を言っても、更にバスが遅れて、
他の乗客にも迷惑がかかるだけであります。

と、それ以前に、本当に疲れた・・(--;

そのまま深い眠りについた私でした。
ああ、良く走った・・

そんなこんなのオックスフォード・エスプレス。
紹介の続きは、また次回です!



本日のジャパングリッシュ:「ペーパードライバー」

直訳、紙の運転手。なんのこっちゃ。
ご存知、免許は持っているのに、
実際に運転した経験がほとんどない運転手の事を、
日本では、ペーパードライバーと呼びますよね。

その意味は、「運転資格の書類だけ持っている運転手」や、
「紙の試験だけは受かったが、実際は運転出来ない運転手」などと、
想像が色々と膨らみます。

しかし、この言葉は英語ではありません。
米語でもありません。きっと、元から日本語なのでは?

イギリスでは、この言葉は余り使いません。
あえてあげるとすれば、「Driver on paper only」と言う表現が
一番近いのでは?と言った感じです。
恐らく、「私はペーパードライバーです」と言う場合は、
「I'm not a very experienced driver」と言うのが一番な気がします。

皆様、十分お気をつけ下さい。


Ranking1雨の中、ひたすら走った私に勲章のクリックを!

人気blogランキングへ

スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kijazz.blog59.fc2.com/tb.php/50-122a740f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。