HOME

トップに戻る
ゲストブックをサインする
記事一覧

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

  Kenny

Author: Kenny
DOB: 8月6日
アイルランド生まれ、
イギリス育ちの純日本人。
2005年・夏
ロンドン大学を卒業

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

大きなロンドンに住む、小さな日本
ロンドンと言う、様々な文化が共存する街で、実家と言う、一つの小さな日本にて暮らす。これは、そう言った環境で育った自分の、どことなく風変わりな価値観や考えを紹介して行く、作品集です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学生の独り言 第5章:統計学
(前回の「学生の独り言 第4章:フラット紹介①」は、こちらよりどうぞ)

これから試験期間に突入する為、毎日の更新が難しくなると思います。
まぁ、大体、二日に一度のペースで記事をアップして行くと思いますので、
前もってご了承頂ければ幸いでございます。

二日に一度もアップしていないで、勉強しろよ、との方。
ウルサイダマーレ・・ソナコト、ワカテマース
by Mr Gaijin

大丈夫です、皆さん。私は、前の大学では

「Himajin Production」(個人会社)の社長

と言う役職についていたぐらいですので、二日おきのブログのアップぐらい、
朝飯前でしょう。あ、ちなみに初代社長さんは、私に組織を乗っ取られた後、
現在は某商社に勤め始め、大変忙しくやっているそうです。
私も早く卒業したいものです・・


さて、今日の「学生の独り言」は、私の修士の専門である(はずの)、
統計学について、書いてみたいと思います。
パチパチパチ。いやぁ、ずっと書きたかったんですよ、これ。
やっと機会が出来て嬉しいです。さてはて、どこから、始めようかなぁ(^^)/


・・・ん?


(--;



今、皆さん、リモコンに手を伸ばして、モロに
チャンネルを変えようとしてませんでした? 絶対してたね、今見たもん




いや、何も堅苦しい、専門的な話をしようってわけでは、ありません。
何より、専門的な話に、私自身がついていけないので、書けるわけがないでしょう。
このブログのテーマは、軽く、浅くですので、ご安心下さい。 ←お"い

そもそも、統計学とは何か。

いわば、データを解析して、確率について推論する教科です。

例えば、自分が明日、何回トイレに行くのかを予想したいとします。
何故そんな事を予想したいかって?そんなのは、うちらの知ったこっちゃないのです。
統計学者は、やれと言われた解析に疑問を持たず
ただただ、やれば良いのであります。科学者とて、同じ事でしょう。
きっと、何かの意味があるに違いない。

この場合は、数日間の間、自分が毎日トイレに行く回数をデータとして記録して、
それを解析する事によって、予想を立てます。1回とか、2回とか、100回とか。

さて、統計学を大学で専攻している私が、大抵の人に訊かれる質問があります。
それは・・

宝くじって、どうすれば当たるの?

なるほど。いや、そのですね。そんな事がわかれば、ですよ。

私達が真っ先に3億円、当てていますから!!!  ざんねーーーん!!

統計学者とは、占いのばーさんや、お天気お姉さんと大して変わらないのです。
当たる保証は全くありません。しかも、予想が外れても、一切責任は問われません。
未来なんて、わかる人間がいた方が怖いですよね、と言う様な言い訳で、
必ずなんとか責任逃れが出来るからであります。当たるも八卦、当たらぬも八卦。
ただ、ちょっとした数学の分析を踏まえての予想なので、
多少なりとも、説得力があるだけですよ。いわゆる・・見掛け倒し?

(世界で活躍中の統計学者の皆様、この辺りで深くお詫びさせて下さい。
どうぞ、寛大な気持ちでこの不届き者を見逃して下さいませ 汗)


確率においても、色々と疑問はあります。そもそも、確率とは、なんだ
サイコロを転がして2が出る確率が6分の1、と言うのは、
実際、どう言う意味なのか?この辺りを、ひどく勘違いされている方も
少なくないのでは、と思ったりします。

良いですか。これは、ですよ。

サイコロを六回振れば、「2」が一回出る

と言う意味では、ありません!  その辺、四露死苦!
何度も何度もサイコロを振れば(一万回以上とか)、
その「6分の1」回ぐらい、「2」が出るのではないでしょうか?と言う、
軽い軽い予想なのです。大体なのです。アバウトなのです。
よって、一回サイコロを振った時、何が出るかの予想を立てるのに、
この情報は何の役にも立たないわけです。

さて。私は前の大学では、数学を専攻していました。
余談ですが、未だに私が大学で専攻した科目を算数
知り合いに紹介する私の母上を、誰かどうにかして、止めて下さいませ。
何も私は大学で4年間、暗算の極意について
講義を受けていたわけでは、ありません (--;

そんな私は、この通り、現在は統計学科。

この事実において、私は今大変な悩みを一つ抱えていたりします。
それは、ずばり何か。実は私、昔からの口癖で、
話してる時に「何%」と言う表現を、良く使ってしまうのです。

例:

「大学の講義の80%で爆睡状態だよ」
「そんな事、150%ないって!」


これはただ単に、私のしゃべり方なのです。もちろん、数字なんて適当です。
誇張した数字で、面白おかしく表現しているだけなのです。
それなのに・・数学や統計学を専攻している私の言葉なだけに・・皆さん、

そのまんま、受け入れてしまうんです!!( ;゚Д゚)

この間、友人との会話より。

友人A:イギリス人って、ホント働かないのよね!
私:おう、マジでイギリス人の70%は根っからの怠け者だかんなぁ(笑)
友人A(ウルトラ真顔):へー、70%って高いんだね。せいぜい、50%ぐらいだと思った。
私:おいおい・・(--;

イギリス人の何%が怠け者なんて、
そんなマニアックで曖昧な数字、知るわけねーじゃん!


はいはい、下手に数字を使った私が悪かったですよ・・
そんな数字、適当に決まっているじゃないですか。
はぁ~・・

しゃべり方を改めなくては、と本気で悩んでいる、今日この頃です。

ではでは、今日はこの辺で!

(「学生の独り言 第6章:フラット紹介②」は、こちらよりどうぞ)



本日の一言:

統計学者が「何%」と言う表現を使ってきたら、
話半分に聞くのが一番であろう。長年の研究や計算から
はじき出された数字である場合もあるが、大抵は「適当」である。
そして、その真実味を証明する方法は、皆無である。


Ranking1クリックしてくれたら、150%感謝します!

人気blogランキングへ

スポンサーサイト
この記事に対するコメント
(算数or数学の教育を受けた)人間は、
どうしても数字に弱いですよね?!具体的に数字を示されると、妙に納得してしまう....。万人が共有できる情報として、数字の力は偉大だと思います(←言い過ぎ?!)。
僕は文系だからかもしれませんが、ものの数量を相対的な表現で示すことが多いです(←ここでも!)。例えば、「多い」という状況を示すのでも、普通に多い、まあまあ多い、そこそこ多い、それなりに多い、かなり多い、めちゃくちゃ多い、だいたい、ほとんど、とか。いずれも無意識のうちに、%にしたがって使い分けていますが(←適当ですが....)、同時に、これは話している状況のコンテクストを聞き手と共有していることになります。というのは、同じ「多い」でも、比較対象が異なると、%も当然変わるからです。同じ40%でも、TVの視聴率、失業率だと高くて「多い!」となりますが、選挙の投票率、国民の識字率となると低くて「少ない!」となりますよね。
状況を客観的に明示する数字と、状況に色づけ&性格づけをする言葉。両者をうまく調和させることが重要だ!と改めて考えさせられました。
【2006/05/21 21:55】 URL | onigiri15 [ 編集]


>onigiri15様

だから、算数じゃねーって(笑)
算数の教育を受けた人間ってなんやねん(笑)

「何%」と言う表現については、死ぬほど書く事がありますので、
これからガンガン記事にしていくつもりです。
これ以上、世の中で「悪用」されているものはないのでは?と思うぐらいです。
せっかく統計学を勉強しているので、その辺を皆さんに是非紹介したいです。
本を書きたいぐらいです。はっきり言って、政府とか、たまに許せません。

何かの子供の番組で、ものを説明する時、
相対的に説明するのが一番!と紹介していましたよ。
よって、onigiri15様は、模範的な紹介の仕方をしているんですね(笑)
私も見習います・・
【2006/05/22 03:54】 URL | Kenny [ 編集]

面白い!
あれだね、自分の専門分野をどれだけ
わかりやすく話せるか、これ大事ね。

このエントリーはやられた。

暇人プロダクション存続のためにも次は、Ph.Dでもどう??
【2006/05/22 09:47】 URL | タケシ(らくだ@) [ 編集]


ケニーの文章、今の20%くらいに収まれば読みやすいのに。。。w

要するに、キミの勉強は役に立たないってことだよね。爆
【2006/05/23 08:29】 URL | Tom [ 編集]


>タケシ様

うーん、実際、自分の専門分野の話は、ほとんどしてないですよね(笑)
もう少し高度な事も、今度わかりやすく説明したいものです。

暇人プロダクションは、3代目社長さんに継いで頂いたので、
私は安心して引退出来るわけです。なんか歳とった気分・・
【2006/05/23 10:47】 URL | Kenny [ 編集]


>Tom様

それは失礼。では、私の文章の、20%の長さのブログを探せば良いのでは?

どうせ統計学なんて役に立ちませんよ・・
【2006/05/23 10:49】 URL | Kenny [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kijazz.blog59.fc2.com/tb.php/49-2d2bbba1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。