HOME

トップに戻る
ゲストブックをサインする
記事一覧

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

  Kenny

Author: Kenny
DOB: 8月6日
アイルランド生まれ、
イギリス育ちの純日本人。
2005年・夏
ロンドン大学を卒業

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

大きなロンドンに住む、小さな日本
ロンドンと言う、様々な文化が共存する街で、実家と言う、一つの小さな日本にて暮らす。これは、そう言った環境で育った自分の、どことなく風変わりな価値観や考えを紹介して行く、作品集です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドンバスが行く 第6章:行き先
(前回の「ロンドンバスが行く、第5章:乗車再び」は、こちらよりどうぞ)

先日、ロンドンに戻ってきた時のこと。

あ・・

オックスフォードにオイスターカード忘れて来た・・(--;

むむむ・・と言う事は・・

嫌な予感・・(汗)

当作品、「ロンドンバスが行く」で紹介して来た、
数々のロンドンバス乗車の際の現実問題や、システムの欠点。
その内の一つ、支払いマシーンの不便さを、わたくし、
改めて実感させて頂きました

はい、ご想像の通り、しっかりとこの作品で紹介したトラブルの一つに
又自分も巻き込まれて、涙目になっていました。
ロンドンバスも進歩しないなぁ・・もちろん、も・・(TT)


何があったか、と言うと、それこそ定番中の定番。
そう、あれですよ、あれ。機械で乗車用のチケットを買っている間に、
バスに置いてきぼりを食らった、と、それだけの事ですよ。

「おぉ、正しく私が紹介した通りだ!」

と感動しながら、バスの後姿を眺めていました。
嬉しくない、嬉しくないぞ。ぜーんぜん、嬉しくないぞ。

さて、では前回の約束通り、今回こそ、ついにバスを乗車してみましょう。
クレジットが入っているオイスターを忘れずに持参して、
しっかりと機械に押し付け、トラブルなしに乗車したとしましょう!!

ふぅー。

やっと乗れたぜ、ベイベー!!ヒャッホーイ♪

ここまでの道のり、本当に長かったですよね。
ううう、やっと乗れたんだ・・良かったよぉ・・母ちゃん、俺はやったんだ!
今、俺は、バスを止め機械のトラブルに巻き込まれる事なく、
オイスターカードをしっかりと使って、かのロンドンバスを乗車したんだぁー!
と、こんな気持ちで一杯になるはずです。その達成感は、凄まじい。
オリンピックを優勝したかの様な気持ち、とまでは言いませんが・・
まぁ、3位ぐらいになるのと同じぐらいかな。 ←それも言い過ぎ

とにかく、乗れました!後は、いかにロンドンバスの旅を存分に楽しむかだけです。

・・なんて思われている方は、いらっしゃいませんか? ←今や恒例の一言

私もそう思っていました。しかし、現実は違いました。
乗った後も、決して気は抜けません。まだ、無数の罠が待ち構えている。
ドキドキ・・ドキドキ・・

まぁ、何も私は皆さんをロンドンバス恐怖症にしようとしているわけでは
ありません。取り合えず、せっかく乗ったので、楽しみましょう。
外の景色でも見ながら、リラックスして、これまでの苦労を忘れましょうよ。

ほら、沢山の人が道端を歩いている。そう、まるで、人がゴミの様だ!!わーはっは

じゃなかった・・

い、忙しい、ロンドンの町並みをご覧あれ、です。
おや、あれは・・へぇー、不思議なファッションの方もいらっしゃるんですねぇ。
ほうほう、あれがかの有名なハロッズですか(^^)
ふむふむ、本当に色んな人種の方が町を歩いているんですね。
ひゃー、ゴミ箱に頭を突っ込んでるおじいさまもいるんだぁ。
なるほどね。これがロンドンバスからの景色かぁ・・本当にすご・・

(--;

ん・・?!

ゴミ箱に頭を突っ込んでる、じーさん??!! (・ ・;)


振り返ると、未だにゴミ箱の中に落ちそうなぐらいの体制で、中を覗き込んでいる老人。
そして、次の瞬間、頭をゴミ箱から出し、辺りを見渡し始めました。

なんか、何気に人目を気にしてる?(汗)

しばらくすると気が済んだのか、何事もなかったかの様に
ゆっくりと近くのスーパーに入っていきました。
な、なんだったんだろうか・・取り合えず、見なかった事にしよう・・

そ、それにしても、快適快適!
席は別に気持ち良くありませんが、特にかたいわけでもなく、
最初に乗るのにあれだけ苦労しただけに、いくらでも座っていられます。
一回降りてしまったら、本当に、いつ又乗れる事やら!
もう、しばらくは降りねーぞ!
せ~~んろは続く~~~よ~~~~ど~~こま~で~も~~~~♪

あれ。でも、そういえば・・

乗ってるのは全然良いんだけどさ・・

・・・

(・∇・;)

ワタシ、ドコデオリレバイイノ?!


ほら~~、いわんこっちゃない。だから浮かれるな、とあれ程言ったのに! ←言ってない
そうなんです。ロンドンバスは、乗ったのは良いのですが、
初めてだと、どこで降りれば良いのか、さっぱりわからないのです。
景色から判断するのは難しく、地図を確認してもバス停までは載っていない。
極めつけに、東京のバス等と違って、車内アナウンスがありません
もちろん、電光掲示板もありません。降りる手助けゼロです、ゼロ。

もう、地獄の果てまでランデブーです♪

え?降り方を知りたいですか?

ダメダメ。それは、また次回です!(^^)
ではでは、乞うご期待!



本日のジャパングリッシュ:ミス

「過ち」と言う意味で、色々な場面で活躍する、この言葉。
「タイプミス」、「印刷ミス」、「計算ミス」・・
しかし、残念ながら、これは英語ではありません。

まず、「大きなミス」を、「Big miss」と言うのは、間違いです。
「ミス」は、元々「ミステーク(Mistake)」と言う言葉を略したものですので、
この場合は「Big mistake」と言う言い回しが正しい。

だがしかし。

いつもいつも、ミスを「Mistake」と訳すのも、ビッグ・ミステークです(笑)
あ、いや、間違いです。さて、それは何故か。
「Mistake」と言う言葉は、「勘違いから生じた過ち」と言う意味を持つからなのです。
よって、勘違いは意図的ではありませんが、その後の行動は意図的なのです。

意図的でない、事故みたいな間違いは、英語では「Error」と言ったりします。

よって、タイプミス=「Typing error」、「印刷ミス」=「Printing error」等々。

十分、お気をつけ下さい。


Ranking1
↑なんで、こんなイージーミスをするんだ!と良く怒鳴られる方。
それ、英語でも日本語でもないですよ、と言い返してやれ!
そして、ついでにこのアイコンもクリックしちゃえ!


人気blogランキングへ

スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kijazz.blog59.fc2.com/tb.php/44-b7c227a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。