HOME

トップに戻る
ゲストブックをサインする
記事一覧

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

  Kenny

Author: Kenny
DOB: 8月6日
アイルランド生まれ、
イギリス育ちの純日本人。
2005年・夏
ロンドン大学を卒業

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

大きなロンドンに住む、小さな日本
ロンドンと言う、様々な文化が共存する街で、実家と言う、一つの小さな日本にて暮らす。これは、そう言った環境で育った自分の、どことなく風変わりな価値観や考えを紹介して行く、作品集です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電車が行く 第3章:北への列車旅
(前回の「電車が行く、第2章:混み出しに難あり」は、こちらよりどうぞ)

先日、私はダーラム(イギリス北部の町)に遊びに行ったのですが、
交通手段としては、もちろん列車に乗って行きました。
日本はJR(ジャパン・レール)。そして、イギリスはBR(ブリティッシュ・レール)です。
しかし、たったの一文字違いのこの二つの鉄道会社は、
質に関しては、残念ながら月とすっぽんほどに違うわけである。

前もお話した様に、これまで紹介して来たイギリスの電車の問題は、ほんの序の口。
イギリス列車の不便さは、長距離の旅にて、特に明るみに出るのです。
今日は、その3時間の電車の旅を振り返りながら、イケてない点にクローズアップしてみましょう。


まずは切符。やたらデカイし、何より枚数が多い!
日本の新幹線に乗る際に、沢山の切符を窓口のお姉さんに手渡されて、
「失くしたらどうしよう・・」と不安になる方はいらっしゃいませんか?(私とか)

全然・・甘いです!

イギリスの長旅用の切符をインターネットで前もって頼むと
自宅まで送ってくれるのですが、封筒を開けると、とにかく
「なんで行って帰って来るだけなのに、こんなに入っているの?」
と言いたくなるぐらい、沢山の紙切れが同封されていました。

一枚は行き・・一枚は帰り・・一枚はレシート・・一枚はカードのレシート・・一枚は乗車券・・

えっと、じゃ、これは・・?

(内容確認)

これも帰りの切符かよ!(--;

ちなみに、知らない方は是非、一枚の大きさをご確認下され↓

ticket
↑でけーよ、チケット!

こんなバカでかい切符を6枚も持ち運ぶ羽目になるとは・・
でもまぁ、もちろん、電車に乗るのには3枚で十分ですが。

取り合えず、この切符を持ち(切符の受け取りに難あり・・父上、母上、ありがとう(^^;)
いざ、キングス・クロス駅へ。あの、ハリーポッターの映画でも使われた駅でもあります。
そして、改札口に着く前に、カバンからあの大きな切符を出し、通すべく、用意する。

しかし、いざ着いてみると、改札口は開いている。
皆、切符を見せずにスイスイと通っている。

・・・

ちゃんと切符持って来たんだから、チェックして下さいよ・・

と、少々不満を感じながら、列車に乗り込む私。
私の席は・・えー、63のCだから・・えっと・・

はい、そこです。お兄さん、どいてください(汗)

席にちゃんと、「Reserved」って書いてあるのに!!
なんで平気で人の席に座るのですか??
自由席は、1号車と2号車です!もう、頼むよ、ホントに・・

イギリス人は、勝手に人の席に座る傾向があるのか、
大混乱の状態で、列車は走り出しました。
最初の15分程は、「そこは私の席だ!」と、席の取り合いが続いていました。

まぁ、これは鉄道会社のせいではないので、あえて批判はしませんが。

あえて批判するのは、電車が出発したのが予定時刻の3分前だった事です!
ギリギリで乗ろうとしている方は、当然置いてきぼり。

あ、もしや全員が乗ったことを確認してから走り出したのでは!

いやいや、ありえません(--;

改札口は開いている状態、そして、電車の中では席の取り合い。
全員が乗車したかどうかなんて、わかるわけがない。
全く、適当過ぎのBRです。いつもは遅れている癖に。

念の為、車掌さんが来た時に備えて、切符は目の前のテーブルの上に起き、
しばらくすると、私は深い眠りにつきました。
そのまま寝ていれば、3時間もあっと言う間に過ぎただろうに・・

1時間後、車掌さんに起こされる私(汗)

なんだよーー切符は明らかにテーブルの上に出してるじゃんかーー
何の用ですかーー。

車掌:「えー切符をお願いします」
私: 「だからこれじゃ!!!」


全く!人の努力も全て水の泡じゃ。
そこから一睡も出来ず、たっぷりと2時間の長旅を堪能しました・・

その2時間の間に、通路を通る人が少なくとも30人は、
通路側に座っていた私の肩等にぶつかってきました。
これは、通路が狭いのか?イギリス人がちゃんと歩けないのか?
それとも、ただ単に太りすぎなのか?!とにかく、大迷惑である。
そのせいで、眠りそうになっても、すぐに起こされる。

そこまでして皆さん、私に寝ないで電車の旅を楽しめ言うですか!!

しょうがないから、パリに行く時と同様、「竜馬が行く」に没頭していました。

途中で電車が止まる。駅じゃないのに止まる
はぁ・・恒例の一時停車ですよ。そして次の瞬間、スピーカーから運転手の声が。

tЭ★влаЁШ感hw・・・

聞こえねーよ!!

多分シグナルの問題で、一時的に停車します、ご迷惑をおかけして申し訳ありません、
との事だと想像されますが、スピーカーの質がひどくて、何も聞こえません。
テロの予告をしていようと、知ったこっちゃねぇ。聞こえないもん。

やがて、列車も走り出し、乗客の機嫌も元に戻り始めます。
未だに席が見つからず、さ迷っている乗客もいましたが、
特に気にしないで本を読む私。そして・・

なんと、これ以上のトラブルもなく、今回は無事にダーラム駅に到着!!

↑え、これだけトラブルがあれば十分ですか?いやいや、これは少ない方です!

しかも、ちゃんと時間通りに到着。
BR、良く頑張った。本当に良く頑張った・・

と、たまに遅れずに到着すると、乗客全員が褒めつくすBRの話は、
次回に続く、です!では御機嫌よう。

(「電車が行く、第4章:電車がない?!」は、こちらよりどうぞ)



本日のジャパングリッシュ:パン

定番のジャパングリッシュです。当たり前ですが(?)、「パン」は英語ではありません。
英語では、「Bread」と言います。と、皆さん、さすがに知っていますよね。

では問題です。「パン」とは何語ですか?

色々な言語で同じ言葉を使うそうですが、取り合えず私の知っている所、
スペイン語や、フランス語では確実に「パン」と言います。
ポルトガル語では「パオ」ですし、オランダ語では「ブリュード」ですので、
どうやって日本語でも「パン」になったのかは、ちょっと謎です。

ではでは、更なる問題。「フランスパン」を英語で言うと・・?

ちょっと悩みません?(悩まないか)

もう一度言いますが、「パン」はフランス語なんですよ?
だとすれば、英語で「フランスパン」と言っても、微妙に通じそうじゃないですか。
ま、正解は「French bread」、もしくは「Baguette」なんですが。

そして、更に更に問題です。「アンパン」を英語で言うと?

もはや、アンパンは一つの日本の商品の正式名なのでは?と私は思います。
そうすると、英語でも「Anpan」と言っても良い気がします。
ほら、「さむらい」を英語で言っても、「Samurai」であるみたいに・・
「天ぷら」→「Tempura」、「ソバ」→「Soba」・・
ね、そう思いません?ね、ね?

と、アホらしい語りはこの辺にしましょう・・(--;

皆さん、十分お気をつけ下さい。

※「アンパン」は、英語では「Red Bean Bun」等と言います。ロンドン中華街などで、購入可能です。

Ranking1アンパンが好き!と言う方は、是非ワンクリック!

人気blogランキングへ

スポンサーサイト
この記事に対するコメント

red bean bun好きです(だから何
【2006/05/09 21:05】 URL | まゆみ [ 編集]

あんぱん
あんぱんしもぶくれしるぶぷれ。
多分餡は入ってませんが。通じることは通じる。
【2006/05/09 22:10】 URL | ゆーこ [ 編集]


>まゆみ様

じゃあ、ワンクリックです!(^^)
そっちのランキングも応援してます!

>ゆーこ様

どうも、ブログ訪問とコメントありがとうございます!

えっと、それはフランスでそう言えば通じるって意味ですよね?
イギリス人に湿布くれシルブプレなんて言っても、
あんぱん以上に通じないのでは(笑)

ではでは、是非また気軽に遊びに来て下さいね!
【2006/05/10 17:37】 URL | Kenny [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kijazz.blog59.fc2.com/tb.php/40-6f924012
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。