HOME

トップに戻る
ゲストブックをサインする
記事一覧

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

  Kenny

Author: Kenny
DOB: 8月6日
アイルランド生まれ、
イギリス育ちの純日本人。
2005年・夏
ロンドン大学を卒業

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

大きなロンドンに住む、小さな日本
ロンドンと言う、様々な文化が共存する街で、実家と言う、一つの小さな日本にて暮らす。これは、そう言った環境で育った自分の、どことなく風変わりな価値観や考えを紹介して行く、作品集です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

派手じゃないダイアリー 第6章:パリ旅行②
(「派手じゃないダイアリー、第5章:パリ旅行①」は、こちらよりどうぞ)

メイデイメイデイメイデイ!

(フランス語で、「助けて下さい、助けて下さい、助けて下さい!」と言う意味)

・・とは全く関係ない、今年の5月1日、いわゆるMay Day。
イギリスにおいての、数少ない休日の内の一つである。
(イギリスの休日についてはこちらを参照)

オックスフォードでは毎年、ちょっとした、独特なメイデイ祭りが開催されます。
もちろん、オックスフォードに来るまではそんな事を知るわけもなく、
今まではメイデイの意味すらも、ろくに考えた事もありませんでした。
5月の第一月曜日は試験勉強などをしながら、ごく普通の休日を過ごしていた気がします。

しかし、今年は違いました・・


・・と、どう違ったのかは、言いませんけどね。



ん。



何か?




ま、まぁ、正確には「今は書きませんが」、と言う意味です。
近いうちに、「学生の独り言」で長々と書くつもりですので、
どうぞお楽しみに。ちなみに、ここで手短に説明すると、

前の晩、一睡もする事もなく、
朝のとんでもない時間に外出をして、
大雨の中、人込みにもまれ、
最悪なパフォーマンスを観て、
帰って、即効寝た


との事です。要約し過ぎ?(笑)
とにかく、乞うご期待です。

では、本題に入りましょう。
2週間前の週末、私はフランスの首都、パリに遊びに行きました!
目的は、そこで働いている、大学時代の友人に会いに、です。

これから、そのパリ旅行の一部始終を、皆さんに紹介したいと思います。
出来るだけ写真付きで。それではでは、レッツラゴーです。
(フランス語では、「オニバ!」  ←オニババァ?)



4月21日(午後3時ごろ):ロンドン・ウォータルー駅にて、ユーロスター乗車!

pari1  pari2  pari3

ユーロスターと言うのは、イギリスとフランスを繋ぐ
海峡トンネルを通って、運行する列車でございます。
イギリスからフランスに渡る際には、ドーバー海峡の水上を進むフェリーと、
海峡の下をくぐる電車の、二つの交通手段があります。

最近は便利かつ速い事もあって、フェリーよりユーロスターの方が、若干好評らしいですね。

もし車でフランスまで渡る場合は、一応水上の景色も楽しめるので、
一度はフェリーで渡って見る事をお奨めします。
ユーロスターに車で乗り込む事も、もちろん可能ですけどね。



4月21日(3:11pm):ユーロスター出発!

Eurostar  pari5  pari6

乗ったら、すぐに電車は走り出しました。

(裏を返すと、私がギリギリで乗り込んだ=もう少しで電車をミスりそうになった
との事ですが、その辺は秘密です)

走り出す直前に、私の隣の席に座るはずだったフランス人の女性が、
斜め前の席に座っていたイギリス人の女性に声をかけていました。

フランス人:「ちょっと席を替わって頂けませんか?
友達と旅行しているので、出来れば友達の隣に座りたいんですよ」


もちろん、そのイギリス人の女性は、快く席を替わってあげていました。
で、彼女は私の隣の席に座り、列車は走り出した、と言うわけです。
走り出すと同時に、mp3プレーヤーをつけて、音楽を聴き出す私。

(ちなみに、そのフランス人の女性とは、左の写真に写っている、
私の斜め前に座っている女性です。この写真は、隣に座っていた
イギリス人の女性が席を立った時に撮ったものです)

外の景色は、特に風変わりと言う程でもない、普通のイギリスの町並みの景色でした。
すぐにウトウトし出した私は、あっと言う間に、熟睡していました。



4月21日(午後4時半ごろ):海峡トンネル突入!

pari7  pari8

はっ!と気付いた頃には、海峡トンネルに突入する直前でした。
外を覗くと、アッシュフォードの山が聳え立っている。

そして、次の瞬間・・

「どっ!」

外の景色が、一瞬にして真っ暗闇と化す。どうやら、トンネルに入ったらしい。

「ふぅ、これでしばらく外を見ていても何もないか・・」と、
自分の横をふと見てみた所・・

あれ?

(通路の)向こう側に座ってる人、変わってない??(--;

確か、子連れのお母さんだった様な・・気のせいかな・・
(写真を確認すればわかります)

って・・

あれ?

・・・

おいおい・・

マジかよ・・(--;

なんと!席を替わったフランス人が、自分の「友人」の上に乗ってる。
しかも、イチャイチャしている。しかも、その「友人」も女性である。

頼むよ~~~~~(号泣)

全く持って、見たくない光景を見てしまって、一瞬で吐き気が込み上げて来ました。
レズは平気だと思っていたんですが、いざ隣であそこまでイチャイチャされると、
気にするな、と言うのが不可能なんです・・目に入るんです・・嫌なんです・・

誰か、メイデイ!って感じでした。

彼女達のイチャイチャは、列車が海峡トンネルを通っている間、
休む間もなく続きました。頑張って、読んでいる本に集中する私。
席移りたいよ~・・



4月21日(午後5時半ごろ):パリ到着!

pari9  pari10  pari13

そんなこんなで海峡トンネルを抜け、フランスと言う領域に辿り着いた乗客達。
まだレズのイチャイチャは続いていましたが、やっと気にならなくなって、
要約、集中して本を読める様になっていました。
ちなみに、読んでいた本がこれ↓

pari11

パリ旅行中に「竜馬が行く」かよ!

パリの景色は、一目でわかります。取り合えず、落書き(グラフィティ)が多い。
もちろんイギリスも多いのですが、パリは別格な気がします。
落書きされていない壁の方が珍しい様な・・全く、困ったものですね。

そして、遂に5時50分に列車はパリ・北駅に到着!

pari14

全く、レズ事件とは、なんとも予想外でした・・
人前であんなに堂々とイチャイチャすんなーー!!(涙)
と、とにかく、無事に(遅れずに)パリに到着して、一安心でした。

(ユーロスターは良く遅れる事で有名です。
良く海峡トンネルの中で停まったりします・・)

そして、迎えに来てくれていた友人と会い、
私のパリ旅行は始まった、と言うわけです。

ちなみに、フランスに着いたので、時計が一時間進みます。
よって、現地時刻は夕方の6時50分でした。

ではでは、長くなって来たので、パリでの旅行記は、また次回!

(「派手じゃないダイアリー、第7章:パリ旅行③」は、こちらよりどうぞ)


Ranking1吐き気がするまま、海峡トンネルを通った私に、是非、同情のワンクリックを!

人気blogランキングへ

スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kijazz.blog59.fc2.com/tb.php/35-80e80ad4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。