HOME

トップに戻る
ゲストブックをサインする
記事一覧

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

  Kenny

Author: Kenny
DOB: 8月6日
アイルランド生まれ、
イギリス育ちの純日本人。
2005年・夏
ロンドン大学を卒業

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

大きなロンドンに住む、小さな日本
ロンドンと言う、様々な文化が共存する街で、実家と言う、一つの小さな日本にて暮らす。これは、そう言った環境で育った自分の、どことなく風変わりな価値観や考えを紹介して行く、作品集です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電車が行く 第6章:新聞で暇つぶし
(前回の「電車が行く、第5章:本当に地下鉄?」は、こちらよりどうぞ)

先日、地下鉄に乗る際、ふと目に止まったのは
改札前に置いてあるロンドン・メトロよりのお知らせ。



(手書き)

【All London underground lines are currently running on time.
Spooky, eh?】


(訳:現在、全線が遅れる事なく、通常運転となっております。
何か不気味じゃないですか・・?(笑))





(; ゚∇゚)(゚∇゚ ;)(゚∇゚ ;)(; ゚∇゚)








自分達で不気味って言ってるよ・・





更にロンドンの地下鉄に失望した、その瞬間であった。




さて、続きはこの後すぐ!↓↓↓↓



今となっては、ロンドンの地下鉄の初乗り料金は

高級フレンチ店で頼むカタツムリ

よりも果てしなく割高く、そして馬鹿げている。
定期券を持っていない場合、初乗りがなんと4ポンド
現時点での為替レートで日本円にすると、な、な、なんと、1000円弱!!

バイトに行って帰って来ただけで、2時間分の給料が飛ぶわけである。
しかも、それは割りの良いバイトの場合。全く意味がわからない。
1000円あったら、うまい棒100本、しかも、色んな味が買えてしまう!
一体、そのお金はどこに消えて行っているのやら・・

さて、今日紹介したいのはそんな地下鉄に乗っている時、
ロンドン人が何をして時間を潰しているのか。
その数々の暇つぶし方法のうちの一つである。



ロンドンでは当然、世界各地の大都市同様、沢山の新聞が出回っている。
その中で最も好評な新聞は、主にThe Timesや、
The Evening Standardだったりする。
The Financial Times (FT)は日本で言う日経新聞であり、
当然ビジネスマンにとっては必需アイテムとなっている。

その他には、The SunThe Daily Mirrorの様に、
ページ3のヌード写真や芸能ニュースで読者の興味を惹く
イギリスで言う「タブロイド新聞」もある。  ちなみに、かなり必要以上に大人気である
まぁ、日本の「スポーツ新聞」がそれに近い存在だろう。

そんな中、ロンドンの地下鉄の乗客が大好きな新聞。
その名の通り、それがThe Metroである。


何故そんなに人気があるのか。簡単である。


タダだから(T_T) それだけ・・


しかし、実際に内容も面白い。記事が短くて、
地下鉄で何駅か移動している間に読める様な長さになっている。
最近の記事で印象に残っているものと言えば・・
  • 女性が生涯で鏡を覗いている時間を総合すると3年になる、と言う記事

  • お尻に花火を挿して火をつけて大怪我をした人が賞をもらった、と言う記事

  • 借家の屋根の上で踊って、落ちて怪我した人が大家を訴えた、と言う記事

こうやってまとめると、いかにくだらない新聞か、が伝わってしまうが、
実際は真面目な記事から笑える記事まで、幅広く扱っている。
是非ロンドンを訪れた際は一度読んでみる事を奨める。
地下鉄に乗れば、その辺りに沢山ポイ捨てされているので、
すぐに見つかるはずである。

ちなみに、記事によってはロンドンの住民の投稿記事も載る。
新聞記者志望の人達は是非チャレンジをして、投稿してみよう。
載っても載らなくても印刷量は出ないが(^^;

それでは、又次回!



本日のジャパングリッシュ:カンニング

当ブログ恒例のジャパングリッシュ・コーナーです!
今回も、イギリスで使ったら変な顔をされるカタカナ言葉を紹介して行きましょう。

本日のジャパングリッシュは、「カンニング」。

試験の際、ちょっとわからない問題が出て来た。
そんな時、ついチラっと隣の男の子の答案用紙を覗きたくなって・・

「先生、ケニー君がカンニングしてます!!」

ヒィィィィィ(゚∇゚;ノ)ノ 

そんな時、英語の授業で

「Sir, Kenny's cunning!!」

・・と叫んだら、

「先生、ケニー君はずるがしこいです!」

と言う、不思議な表現になってしまいます。  ある意味、褒め言葉に
英語の点数も赤点になりかねません。

この場合は、「Kenny's cheating!」と言いましょう。

十分、気をつけて下さい(もちろん、カンニングする方も)。


Ranking1本日はクリックが少ないです。ちょっと不気味じゃないですか?

人気blogランキングへ

スポンサーサイト
この記事に対するコメント

例題:バレるカンニングはあまりcunningではない。
Spooky eh? うけたねーw
【2007/04/12 09:32】 URL | KK [ 編集]

物足りなさ
確かに地下鉄に乗る前に各沿線のお知らせボードを見て、全部が「定刻通り」って表記されてたらちょっと不気味。

そもそも、「定刻通り」と、言う表記されている看板そのものが怖い

だって、公共の乗り物って定刻通り走るものじゃないのーv-237v-236今度、私のブログでもこれをテーマに書いてみよっと。
【2007/04/14 12:23】 URL | のこ [ 編集]


>KK様

えっと、当サイトでは初めましてですか?
少なくとも、お久しぶりですよね?(笑)
とにかく書き込み、ありがとうございます。

カンニングと言う言葉を作られた方は、
きっとカンニングが「良い事」だと信じていらっしゃったのでしょうね。
ってか自分がやっていて、自分は何て悪知恵が働くんだろう、と感動したとか・・
英語で「ずる賢い」の意味を持つCunningは、
決してけなし用語として使われる事は余りないですよね・・

ではでは、又是非遊びに来て下さいね(^^)
【2007/04/15 17:59】 URL | Kenny [ 編集]


>のこ様

どうも、再度コメントありがとうございます!

本当ですよ。何で時間通りに走っている事を、
さも「自慢」しているかの様に言われなくてはいけないのか。
しかも、遅れている時はアナウンスがないのに、
時間通りだと「現在、時間通りに走っています」としっかり流れるし。

ネタ借用、ガンガンどうぞです。
是非、良かったら記事の方を書かれたらトラックバックもして下さいね(^^)
時間が出来次第、そちらにも遊びに行かせて頂いちゃいます。

ではでは、これからもよろしくです。
【2007/04/15 18:02】 URL | Kenny [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kijazz.blog59.fc2.com/tb.php/105-210d2477
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。