HOME

トップに戻る
ゲストブックをサインする
記事一覧

カレンダー

03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

  Kenny

Author: Kenny
DOB: 8月6日
アイルランド生まれ、
イギリス育ちの純日本人。
2005年・夏
ロンドン大学を卒業

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

大きなロンドンに住む、小さな日本
ロンドンと言う、様々な文化が共存する街で、実家と言う、一つの小さな日本にて暮らす。これは、そう言った環境で育った自分の、どことなく風変わりな価値観や考えを紹介して行く、作品集です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電車が行く 第2章:混み出しに難あり
(前回の「電車が行く、第1章:静かな駅のホーム」は、こちらよりどうぞ)

昨日、私は人生において、初めて「お花見」と言うものを体験させて頂きました。
やはり日本人と言えば、春は花見ですよね。
グイ、と一杯やりながら、桜吹雪を見る。良いですねぇ。

場所はイギリスとて、気分は日本。よって、私は和服を着て行く事にしました。
去年、友人に頂いた「新撰組」のハッピを、浴衣の上に羽織り、草履を履き、
ロンドンの電車に乗って、友人の待つハイドパーク(公園)に向かう。

さて、ロンドンで和服を着ると、何かと目立つのは必至。
日本の電車の中でも、和服を着ていたら偉く目立つぐらいです。
ロンドンの電車となれば、浮くなんてものでは、済まないでしょう。
実際、出発際に私の姿を一目見た親が、
「お前は誰だ」みたいな、どこか悲しい、どこか冷たい視線で
私の事を見送っていた(気がする、いや、って言うか絶対そう)。
大丈夫。目立ってこそ人生。普段は壁より地味である私にとっては、
目立つのもきっと悪い体験ではない。大丈夫。落ち着け、漏れ。

[READ MORE...]
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。