HOME

トップに戻る
ゲストブックをサインする
記事一覧

カレンダー

03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

  Kenny

Author: Kenny
DOB: 8月6日
アイルランド生まれ、
イギリス育ちの純日本人。
2005年・夏
ロンドン大学を卒業

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

大きなロンドンに住む、小さな日本
ロンドンと言う、様々な文化が共存する街で、実家と言う、一つの小さな日本にて暮らす。これは、そう言った環境で育った自分の、どことなく風変わりな価値観や考えを紹介して行く、作品集です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不可解なり、和の文化 第3章:祝日
(「不可解なり、和の文化 第2章:出前」は、こちらよりどうぞ)

英国人が怠け者である事は、誰もが認める事でしょう。

イギリスでは、大抵の店は5時半には閉まっています。
会社員の大半も、5時半には仕事を切り上げて帰ってしまいます。
何より、5時半に皆、帰り支度を始めるのではなく、
5時半きっかりに職場を放れられる様に、実質的には5時15分には片付けを始めます。

よって、5時過ぎに客を追い出し始める店も、珍しくありません。

24時間営業の店なんて、スーパーのごくわずかな一部ぐらいです。
それも、深夜の品ぞろいは最悪。行く価値がほとんどありません。
その他、ロンドン中心部以外で夜の7時以降に働いている人なんて、
飲食店、パブ、ナイトクラブ、ホテルと映画館の従業員ぐらいじゃないですかね。
レストランですら、地方のは10時に閉まったりします!
閉まるの早いよ~。もうちょっと頑張ってよ~。

[READ MORE...]
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。