HOME

トップに戻る
ゲストブックをサインする
記事一覧

カレンダー

03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

  Kenny

Author: Kenny
DOB: 8月6日
アイルランド生まれ、
イギリス育ちの純日本人。
2005年・夏
ロンドン大学を卒業

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

大きなロンドンに住む、小さな日本
ロンドンと言う、様々な文化が共存する街で、実家と言う、一つの小さな日本にて暮らす。これは、そう言った環境で育った自分の、どことなく風変わりな価値観や考えを紹介して行く、作品集です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドンバスが行く 第5章:乗車再び
(前回の「ロンドンバスが行く、第4章:支払い(裏技編)」は、こちらよりどうぞ)

我がキッチンには電子レンジと言う、代物があります。

電子レンジと言うのは、全く持って、便利なものです。
料理を温めるのに使えるし、保温にも使える。
なんと、お皿を温めるのにも使える!
あつあつのお皿に上にのせると、料理も冷めない!
うーん、トレビアンね。

え?

知っている、ですか?!

でも、これは知るまいね。
電子レンジと言うのは、時計機能もついている!
あれ・・知ってた・・

でもでもでも!

うちのは特別なのです!

[READ MORE...]
スポンサーサイト
我と言う自分 第2章:財布
(前回の「我と言う自分、第1章:名前」は、こちらよりどうぞ)

何故か、自分の財布はいつもパンパンに詰まっている。

もしや、俺って、金持ち?!

・・と思って財布の中を覗き込むと、大抵「1p」硬貨(約2円)が
大量に入っていたりする。もう、がっかりである。
俺はこんなものを運ぶ為にいつも頑張ってんのかよ。
1p硬貨を入れすぎて、財布が壊れた事もある。ありえん。

[READ MORE...]
一時帰国の全て 第1章:凱旋
このブログのタイトルの通り、私はロンドンと言う町にて、
小さな日本みたいな実家に住んでいる。

(今はオックスフォードに住んでいるが、細かい事は気にしない)

そんな生活が19年間続いたわけである。
よって、日本に行く時に「帰る」と言う表現を使う事に対しては、
多少なりとも、抵抗がある。住んだ経験がほとんどない場所に帰るか?と言った具合である。
だからと言って、日本語で「来週、日本に行く」と言うと、なんとなく変に聞こえる。
やはり、仕方なく「帰る」と言う表現を使ってしまう。渋々なりとも。

この作品では、ずっとイギリスに住んでいる日本人が、
「一時帰国」と言う形で日本を訪れる時、どんな感じなのかを紹介して行きたい。
色々な戸惑いや感情、日本で待ち侘びる数々の試練・・
そんなこんなを書いて行きたいと思う。

[READ MORE...]
イギリスでの戦い 第2章:ゴミ箱
(前回の「イギリスでの戦い、第1章:携帯電話」は、こちらよりどうぞ)

今朝、ハエの音で目が覚めた。

全く、ハエとはつくづく、下等で不快な生き物である。
何故、飛ぶ時にあんな音を出すのか。
少しは恥というものを知れよ!もうちょっと静かに飛べ!
って言うか、窓の隙間から入ってきたんなら、そこから出ろ!
路頭に迷って、あっちこっちを必死に飛び回るんじゃねー!

↑ハエに罵声を浴びせる、下等な人間

・・と思って見ていたら(←見ていないで追い出せよ)
急に音が弱まって、静かになった。
どこかに止まっているのかな、と思ってしばらく待っていたら、
全くハエの気配もなくなった。どうやら死んだらしい。

ふぅ、やっと寝れる、と思って目を閉じたら、玄関のドアが開く音が耳に飛び込む。
ああ!今度は清掃のおばちゃんかよ!

↑清掃のおばちゃんとハエを同じ扱いする、下等な人間

[READ MORE...]
派手じゃないダイアリー 第5章:パリ旅行①
(「派手じゃないダイアリー、第4章:ミドルネーム」は、こちらよりどうぞ)

私の腕時計は1時間(と2分)遅れている、と前に話しましたよね。
(詳しくはこちら

なんか、あれなんですね。
ほら、ヨーロッパとか行くと。
時差、とかあるじゃないですか。

するとですね。

2時間(と2分)遅れている状態になるんですね・・

そうなると、あれなんすよ。

腕時計と言うより、ただのアクセサリー同然になるんですね・・

しかも邪魔な。しかも、別に格好良くもない。元々この時計、タダだもん。
タダでもらった、格好良くもない、間違った時間を示す腕時計をして、
こんな所を歩いている日本人なんて、俺だけなんだろうなぁ。
と、そんな事を思いながらパリの道を歩いていた、ケニー君でした。

[READ MORE...]
学生の独り言 第3章:カレッジ②
(前回の「学生の独り言 第2章:カレッジ」は、こちらよりどうぞ)

さて、ワタクシ、明日からちょっとおフランスまで行ってくるざーます。
ちょっと週末をパリで過ごしますのよ・・おほほほほ。

あ、いや、その・・・(--;

友人に会いに行くので、当ブログは今週末、アップされません。

前もって、ご了承下さい。

お詫びに、私がいない間にゲストブック等に書き込んでくれた方には
私がパリ土産を差し上げる、と言う事でどうでしょう。

とにかく、お時間がある様なら、是非、過去の記事も覗いて行って下さいね。
ではでは、また月曜日に会いましょう。

[READ MORE...]
イギリスでの戦い 第1章:携帯電話
大分、当ブログの仕組みが、はっきりとして来た頃ではないだろうか。

そろそろ、このブログを始めてから一ヶ月が経とうとしている。
もし、その期間中、毎日欠かさずアクセス下さった読者がいるとすれば、
その読者には金メダルと勲章を授けたい気持ちで一杯である。

ちなみに、これまで色々なテーマについて書いてみたが、
どれが好評で、どれが不評か、未だに「謎」としか言い様がない。
コメントのバラつき度には、カオスの専門家もびっくりであろう。
よって、謎なまま、これからも突き進みたいと思う。
トンネルの最後まで、是非とも、お付き合い願いたい。

と言う訳で、今日から新シリーズ登場。
タイトルは「イギリスでの戦い」である。
勢い良く行ってみたいと思う。エイエイオー。

[READ MORE...]
電車が行く 第2章:混み出しに難あり
(前回の「電車が行く、第1章:静かな駅のホーム」は、こちらよりどうぞ)

昨日、私は人生において、初めて「お花見」と言うものを体験させて頂きました。
やはり日本人と言えば、春は花見ですよね。
グイ、と一杯やりながら、桜吹雪を見る。良いですねぇ。

場所はイギリスとて、気分は日本。よって、私は和服を着て行く事にしました。
去年、友人に頂いた「新撰組」のハッピを、浴衣の上に羽織り、草履を履き、
ロンドンの電車に乗って、友人の待つハイドパーク(公園)に向かう。

さて、ロンドンで和服を着ると、何かと目立つのは必至。
日本の電車の中でも、和服を着ていたら偉く目立つぐらいです。
ロンドンの電車となれば、浮くなんてものでは、済まないでしょう。
実際、出発際に私の姿を一目見た親が、
「お前は誰だ」みたいな、どこか悲しい、どこか冷たい視線で
私の事を見送っていた(気がする、いや、って言うか絶対そう)。
大丈夫。目立ってこそ人生。普段は壁より地味である私にとっては、
目立つのもきっと悪い体験ではない。大丈夫。落ち着け、漏れ。

[READ MORE...]
派手じゃないダイアリー 第4章:ミドルネーム
(「派手じゃないダイアリー、第3章:卒論」は、こちらよりどうぞ)

祝2000ヒット!(アクセスじゃないよ、あくまでもヒットだよ)
皆様、ご多忙の中、いつもいつもアクセスありがとうございます。

記念に、ゲストブック目次を作ったので、
是非アクセス(アーンド、署名)く~ださ~いな(^^)

さて、未だに俺の腕時計は冬時間になってるんだよねぇ。
だから未だに世界の皆より1時間、遅れてるんだよねぇ。

・・・

って言うか、正確には1時間と2分遅れてるんだよねぇ。
1時間は良いんだけど、2分が何気に問題なんだよねぇ。

[READ MORE...]
不可解なり、和の文化 第3章:祝日
(「不可解なり、和の文化 第2章:出前」は、こちらよりどうぞ)

英国人が怠け者である事は、誰もが認める事でしょう。

イギリスでは、大抵の店は5時半には閉まっています。
会社員の大半も、5時半には仕事を切り上げて帰ってしまいます。
何より、5時半に皆、帰り支度を始めるのではなく、
5時半きっかりに職場を放れられる様に、実質的には5時15分には片付けを始めます。

よって、5時過ぎに客を追い出し始める店も、珍しくありません。

24時間営業の店なんて、スーパーのごくわずかな一部ぐらいです。
それも、深夜の品ぞろいは最悪。行く価値がほとんどありません。
その他、ロンドン中心部以外で夜の7時以降に働いている人なんて、
飲食店、パブ、ナイトクラブ、ホテルと映画館の従業員ぐらいじゃないですかね。
レストランですら、地方のは10時に閉まったりします!
閉まるの早いよ~。もうちょっと頑張ってよ~。

[READ MORE...]
サッカーを追う 第1章:あなたはファン?
サッカーとはまた、くだらないスポーツですよね。

ボールを足で蹴り回し、ある線より向こうにボールを蹴る。
単にそれだけの遊びなのに、何千、いや、何万もの人達が
「サッカー」と言う物の虜になっています。
ルールは簡単。ボールを手で触ってはいけない。基本的に、それだけです。
後は、大体、何でもありなのです。
全く持って、何が楽しいのか、わかりませんな。

・・と、言っている人がいたら、私は激しく反論しますね。

サッカーは世界を統一させる。サッカーは世界を救う。
サッカーは、神が我々に授けてくれた、究極の娯楽である。
そのサッカーを悪く言うやつは、オラが許さないどー。ファイアー。

[READ MORE...]
学生の独り言 第2章:カレッジ
(前回の「学生の独り言 第1章:オックスフォード」は、こちらよりどうぞ)

オックスフォード大学・卒業生の中には、
世界的に有名な名前が沢山と、見られます。

物理学者であって、彗星を発見した事で一躍有名になった、エドモンド・ハレー教授、
そして今の物理界の期待の星、スティーブン・ホーキン教授。
「ロード・オブ・ザ・リング」等の作者である、J.R.R.トールキン氏。
更に、映画、「ノッティング・ヒル」等でお馴染みの俳優、ヒュー・グラント氏や、
「オペラ座の怪人」等を脚本したミュージカル界の巨匠、アンドリュー・ロイド・ウェバー氏、など。

その他にも、日本の現在の皇太子妃、小和田雅子様も、
また、この大学の卒業生の中の、お一人でもあるのです。

[READ MORE...]
不可解なり、和の文化 第2章:出前
(「不可解なり、和の文化 第1章:風林火山」は、こちらよりどうぞ)

日本国と、大英帝国。

色々な要素において異なるこの二つの国の文化だが、
その中でも日本とイギリスの一番大きな違い。それは何か?

候補は沢山存在するが、少なくとも私は、日本に一時帰国した際に
一番気になるのは、ずばり、客に対する店員の態度である。

「お客様は、神様です」

響きとしては、どこかの危ない宗教と、大して変わらない。

店は、客に商品を提供してあげているではないか。
少なくともイギリスの店員は皆、そう思っている。
よって、客の方が感謝するべきであって、客が神様だなんて、もっての他。
そもそも、「いらっしゃいませ」と言う言葉なんて、英語には存在しない。
客の扱いに関しては、この二つの国は正反対の態度を取るのである。

[READ MORE...]
ロンドンバスが行く 第4章:支払い(裏技編)
(前回の「ロンドンバスが行く、第3章:支払い(急いでいる編)」は、こちらよりどうぞ)

今日、久しぶりにオックスフォードの町を歩きました。
目的は、食料の調達と、勉強道具の補充。
それと、当ブログに掲載出来る写真も欲しかったので、
密かにカメラも、ちゃーんと持っていきました。

途中で小腹が空いたので、近くのケンタッキーに入りました。
何を買うか・・余りお金は使いたくないぞ・・
よし、安そうだし、おいしいし、これ!
との事で、「ポップコーン・チキン」(99p=約200円)なるものをゲット。

サイズは、もちろん「小」。

来たのがこれ。

[READ MORE...]
派手じゃないダイアリー 第3章:卒論
(前回の「派手じゃないダイアリー、第2章:運動不足」は、こちらよりどうぞ)

珍しく、今年はイギリスにも春が訪れた感じがします。

気温が大分上がり、太陽が照っている時は少し暑いぐらいです。
雨もほとんど降る事なく、ポカポカと気持ち良い毎日を過ごしています。
部屋の窓から外を覗いてみると、花も沢山咲き始めている。
恐らく、「今だ、今しかない!」と言う感じで、
地面から飛び出して来たのではないでしょうか。

そう言った風景を、少しでも読者の皆様にもお見せしたく、わざわざ写真まで撮ってきました。

春は良いですねー
↑春って良いですね

本当に、陽気が暖かい春の季節って、最高ですよね。
こんな毎日が続いてくれれば、と願うばかりでございます・・

[READ MORE...]
我と言う自分 第1章:名前
我輩はケニーである。名はまだ・・あ、いや、だからこれが名である。

あ、いや、だから純日本人だって。

だーかーらー、ハーフじゃないんだってば。

ん?韓国?・・と、中国?!だと思ったぁ???
いやいや、両方間違ってるから!

せめて、日本と中国とか・・あ、いや、だからハーフじゃねーんだって!!

ねーマジ、信じて。え?名前??ああ、これあだ名。あ・だ・な。
ん?本名だと思った??知るか。
こんな本名の日本人がいるかあ!
[READ MORE...]
不可解なり、和の文化 第1章:風林火山
風林火山。ご存知、かの武田信玄の、軍旗の称。

その意味は、

「疾(はや)きことの如く、徐( しず)かなることの如く、
侵(おか)し掠(かす)めることの如く、動かざることの如 し」

武田信玄の旗指物に記されていた、この「孫子」の句。
特に最後の「動かざること、山の如し」から、信玄公は自軍の兵より、
「御山」と呼ばれていたそうである。

[READ MORE...]
電車が行く 第1章:静かな駅のホーム
ぴーーーーーーーーーーーー。

「えー、まもなく、3番線、上野行きの電車が発車します。閉まるドアにご注意下さい」

ピンポンパンポンピンポンパンポンピンポンパンポンピンポンパンポン♪
ピンポンパンポンピンポンパンポンピンポンパンポンピンポンパンポンパー♪

プシューーーーー。

ガタン。

ウィーーーーン・・ガタンゴトン、ガタンゴトン、ガタンゴトン・・

[READ MORE...]
学生の独り言 第1章:オックスフォード
読者のリクエスト(と言うか、提案)に応じて、
今日から新しいテーマについて、書き始めてみようと思う。
ここでは筆者がイギリスで長年、一人の学生としてやってきて、
思った事や感じた事を紹介して行きたい。

留学生の様な、留学生でない様な、かなり微妙な私。
恐らく、私の目を通して見たこっちの教育システムや勉強の内容は、
普通の学生の視点から見たものとは、かなり違うのではないだろうか。
そんなこんなで始めてみた、このトピックである。

まずは私が現在通っている大学院のある、
オックスフォードと言う町の紹介から始めよう。

[READ MORE...]
ロンドンバスが行く 第3章:支払い(急いでいる編)
(前回の「勝手知ったる、我が住居国:ロンドンバスが行く、第2章:支払い」は、こちらよりどうぞ)

このブログも、早々と1000アクセスが近くなって参りました。
これには、管理人の重複アクセスの嵐+ここのインチキカウンターが
かなり手伝っているのは、もちろん言うまでもございません(笑)
しかし、やはり本当に読者の皆様のお陰でもありますので、
私は心から感謝の気持ちでいっぱいでございます m(_ _)m

これからも気軽に当ブログを訪問して頂いたり、コメントを残して頂けると、
こちらとしても、本当に嬉しい限りです。
少しでも読者の役に立つ内容になる様、頑張って行きたいと思いますので、
どうぞこのブログの事を、これからも温かく見守ってあげて下さい。
これからも、よろしくお願いします!

[READ MORE...]
国に関しては、開けるが勝ち?!
(前回の「知られざる、我が母国:鎖国も八卦、開国も八卦」は、こちらよりどうぞ)

今朝、暖かいベッドで幸せな夢を見ながら熟睡をしていると、
突然、鍵が「ガチャ」と開き、一人の男が部屋に入ってきた。

「掃除の人かな・・」と思い、必死に目を開けてドアの方を見てみると、
全く知らない男がそこに立っている。

えっと・・誰ですか??って言うか、どうやって入ったですか?!

[READ MORE...]
ロンドンバスが行く 第2章:支払い
(前回の「勝手知ったる、我が住居国:ロンドンバスが行く、第1章:乗車」は、こちらよりどうぞ)

さて、前回、必死の思いで、遂にバスを停める術を習得した、その少年。

まぁ、前作に登場する少年は、10年前の私なのですが。
そんな事は、読者が遠の昔から気付いている事でしょう。
ここで改めて、自分で認めるのも何かと悔しいのですが、
そうしないと続きが書けないので、已む無く白状します。

とにかく、バスが停まってしまえば、もうこちらのもの。

・・なんて思われている方は、いらっしゃいませんか?

[READ MORE...]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。